2017年関屋記念(GⅢ)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

高速馬場では上がりの速い馬を狙え!関屋記念(GⅢ)

読了までの目安時間:約 2分

 


8月13日、新潟競馬場では関屋記念が開催されます。昨年は4歳馬のヤングマンパワーが好意から抜け出して勝ちました。でも、今年はGI馬のダノンプラチナもいるので、中々の面白いレースになるのではないかと楽しみにしています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は4連対、3番人気は2連対。4番人気は3連対。5番人気は2連対と、連対馬の17頭が5番人気以内にあり、上位人気馬が堅実。ただ、たまに近年は荒れることもあります。昨年も、一昨日もそうでした。

オッズの方を見ておくと、10倍以下が2回、10倍以上が5回、20倍以上が1回となっています。30倍以上が2回で、あとはありません。ほとんど本命ですが、10倍以上辺りが狙い目です。5番人気以内、もしくは少し荒れると思えば、6番~8番ぐらい人気馬を混ぜても良いかと。大きく荒れるレースではなさそうです。

新潟競馬場の特性として、全面野芝の高速馬場があげられます。そのため、スピードと持久力が試される。そこで、前走の上がりの速い馬をピックアップしておきます。まずは33.0秒のメートルダール。次に33.3秒のロードクエスト。同じくトーセンデューク。後は33.9秒のショウナンバッハ、ブラックムーンとなっています。

後は中京記念組の上位馬にも注意です。一昨年、昨年と中京記念組の上位馬が連対しています。また、最近の傾向として逃げ馬が活躍しています。差し追い込みにはかなりのタイムが問われるかと。32秒ぐらい上がりが速ければいけそうですが、今回のメンバーにはいません。

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開