2017年中京記念(GⅢ)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

中京記念(GⅢ)は人気薄同士の大穴狙い!

読了までの目安時間:約 2分

 


7月23日、中京競馬場で中京記念が開催されます。昨年は7番人気のガリバルディが突っ込んできて勝ちましたが、2着も6番人気のピークトラムでした。このように中京記念は人気馬が全く来ていない超波乱が起きやすくなっています。では、過去のデータを見ていきます。

驚くべきことに1番~4番人気まで全て連対なし。5番人気が2連対。6番~9番人気が5連対。10番人気以下が3連対です。このような超波乱傾向では本命を狙ってもまず来ないかと。

オッズの方は過去5年で20倍以下までなし。30倍以上が1回、50倍以上が1回、100倍以上が3回です。なんと100倍以上の方が多い。過去5年の馬連だと、49倍、200倍、220倍、171倍、51倍となっています。

このように人気馬が来ない。超荒れそうな予感がするレース。一体何を軸にして購入すればいいか。かなり難しいと思います。競馬新聞だとブラックムーンとグランシルクなのですが、人気馬は来ない。前走好走馬は不振。だいたい前走6着前後の馬が馬券に絡んできます。それだけで見ると、ピンポンやスーサンジョイが該当しますが、どっちもほぼノーマーク。来たら確実に万馬券ですね。

後は、58キロのトップハンデーを背負ったワンアンドオンリー。ここ1年は調子悪いみたいですが、そろそろ勝ってもいいんじゃないかと。

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開