2017年皐月賞(GI)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

皐月賞(GI)は共同通信杯の勝ち馬と4番人気以内が強い!

読了までの目安時間:約 2分

 


4月16日、中山競馬場でクラシック第一戦目となる皐月賞が開催されます。今年こそ3冠馬が現れるか注目したいところですが、土曜日現在の1番人気はファンディーナの2.5倍です。ディープ産駒で3連勝中という負け無しでここまで上がってきた実績が多く評価されているようです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は4連対。2番人気は4連対。3番人気は3連対。4番人気は2連対。5番人気はなし。6番~9番人気は6連対。10番人気以下は1連対となっています。人気馬で4番人気以内が堅実という。最近の6年でも連対馬の12頭のうち11頭が4番人気以内に来ているのでこのデータはわりと信頼性があります。昨年は8番人気のディーマジェスティが勝ちましたが、希なケースですね。

オッズのほうは10倍以下、10倍以上がそれぞれ3回ずつ。50倍以上が1回。100倍以上が1回となっていて、20倍、30倍がありません。しかも、最近は人気馬が活躍する傾向が高いので10倍以下、10倍以上に収まりそうな気配です。

馬のタイプ別だと差し、追い込み馬が活躍しています。2009年以降だと連対馬の16頭のうち14頭が差し、追い込み馬なので馬のスピード、末脚が試されます。そこで前走の上がり3Fを見ておきます。

まず、ペルシアンナイトが34.0秒。次に次にスワーヴリチャードが34.2秒。トラストが34.3秒。アルアインが34.3秒。カデナが34.6秒。ファンディーナが34.9秒となっています。後、現在の人気順は1番がファンディーナ、2番がカデナ、3番がスワーヴリチャード、4番がペルシアンナイトとなっています。

また、共同通信杯の勝ち馬の連対率、勝率が共に4割もありますので、スワーヴリチャードは要注意でしょう。

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開