2016年 有馬記念(GI) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

サトノダイヤモンドVSキタサンブラック有馬記念(GI)で一騎打ちだ!

読了までの目安時間:約 2分

 


2016年、気がつけばクリスマス。いよいよ最後のGIレースとなる有馬記念が開催されます。今年の中山競馬場にはGI馬が文字通り勢揃いしました。その中でも有力なのが3歳で菊花賞を制したサトノダイヤモンド、そして4歳で天皇賞・春、ジャパンカップを制したキタサンブラック。どちらも甲乙付けがたい名馬です。

土曜日時点の人気の方はサトノダイヤモンドが2.5倍。キタサンブラックが3.1倍と少しサトノダイヤモンドが勝っています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気2連対。3番人気はなし。4番と5番人気が2連対ずつ。6番~9番人気は5連対。10番人気以下は2連対となっています。人気薄の激走が多いのが特徴ですが、1番人気はかなり信頼できますね。今回GI馬だらけなのに人気薄が来るなら穴としてはマリアライトやミッキークイーンですかね。どちらもGI馬なのに人気があまりないです。

オッズの方は10倍以下が3回。10倍以上が1回。30倍以上が2回。50倍以上が1回。100倍以上が3回です。最近の5年だと4年ほど人気薄馬が連対しているのでかなり荒れ傾向。31倍、37倍、8倍、123倍、68倍と中穴決着が多い。狙い目は人気馬と人気薄を絡めた中穴以上でしょうか。タイプ別だと先行や追い込みでも届くので今回に限り逃げ以外は全部有利です。後、前走でGIを勝っている馬は堅実に連対しています。なので、キタサンブラック、サトノダイヤモンドの一騎打ちの展開も。

後、個人的に怖いのが有馬2連覇を狙うゴールドアクターの存在。スローペースなら前年のように押し切ることかもしれません。ただ、前走のジャパンカップが4着なのでデータ的には不審なのが気がかりです。

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開