競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

天皇賞・秋(GI)は毎日王冠の勝ち馬に注目!?

読了までの目安時間:約 2分

 


11月1日、東京競馬場において天皇賞・秋が開催されます。出走するメンバーは18頭。宝塚記念を制したラブリーデイ、昨年の王者スピルバーグ、14年の皐月賞馬、イスラボニータといったGI馬をはじめ、毎日王冠、札幌記念といったGⅡを勝ち上がってきた馬が集結しており、ハイレベルな競争が予想されます。

天皇賞・秋は「府中の二千には魔物が棲む」と妖怪辞典にのるほど、1番人気が不審なレースだったのですが、近年はその傾向もだいぶ取り払われてきました。結論から先に述べると中穴決着が多くなっています。それでは、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は3連対。3番人気は連対なし。このため、がちがちの本命となった結果はわずか1回のみ。2014年はジェンティルドンナ、イスラボニータを抑えてのスピルバーグの勝利。これには驚かされましたが、スピルバーグの上がりはメンバーのなかで最速でした。

最近、5年間のオッズは、馬連で10倍、70倍、32倍、11倍、31倍と中穴決着が多くなっています。そのため、上位人気馬を組み合わせて9番人気ぐらいまでの中穴を狙うのが良さそうです。

■注目馬

2014年はGI馬同士の一騎打ちみたいなものでしたが、今年は3頭のみ。こうなってくると前走のGⅡ活躍馬も考慮しておく必要があります。

天皇賞・秋、前走の連対傾向を見ていくと、毎日王冠の上位馬が多いです。後は宝塚記念と札幌記念といったところ。宝塚記念で勝った馬は相当強いので、スピルバーグと並び、ラブリーデイは本命候補でしょう。

後は毎日王冠の実績馬、エイシンヒカリ、ディサイファ、イスラボニータ、それと、今回は唯一の牝馬である宝塚記念3着のショウナンパンドラです。

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧