競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

菊花賞(GI)は神戸新聞杯の上位馬をチェック!?

読了までの目安時間:約 2分

 


10月25日、京都競馬場では芝3000mの長距離GI、菊花賞が開催されます。しかも、京都なので有名な坂があり、スタミナが要求されます。その中で有力馬といえば、リアルスティールです。後で解説しますが神戸新聞杯2着です。さらに、神戸新聞杯1着のリアファル。この二頭が有力です。では、過去のデータを見ながら理由を解説していきましょう。

菊花賞は結構荒れたイメージがありますが、最近は大人しい傾向です。ここ4年位内では人気の5着馬以内で決着しています。そのため、オッズも20倍前後になりやすいようです。5番人気以内の組み合わせで20倍前後を狙うのも一つの馬券アプローチですね。

芝3000mですから、当然、高いスタミナが要求されます。しかし、それだけではなく、差しと追い込みで届くスピードが求められます。実際、逃げ馬は3着止まり、先行馬は6連対。けれども、差しと追い込み馬はどちらも7連対。合わせて14連対とかなり多いです。結局、スタミナも欲しいが、勝負の直線で来る末脚もないと過酷な菊花賞を制することはできないと示したデータかと。

神戸新聞杯が鍵

菊花賞の連対において好走馬は神戸新聞杯の上位です。2007年に芝2400mに神戸新聞杯は変更されましたが、それから連対馬16頭のうち12頭が神戸新聞杯出走馬です。昨年のトーホウジャッカルも前走は神戸新聞杯で3着でした。今回で述べれば、リアルスティール、リアファルとこの二頭はデータ的にも信頼できます。

他にセントライト記念の勝ち馬が2着や3着はありますが、1着になったことはないです。ただ、距離的にはセントライト記念の上位馬も怖い存在ですね。キタサンブラック、ミュゼエイリアン、ジュンツバサの三頭です。


* * * * *

3万円以上の万馬券を取りつつ10万馬券を狙う!
実力No.1の指数提供サイトが絶対に認めない意外な活用法


無料で利用できる実力No.1指数の裏ワザ的な使い方で、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を考えてみた。
03/03 阪神12R 200,880円
02/16 小倉01R 153,140円
02/09 小倉06R 109,670円
02/03 京都11R 141,960円
02/02 京都03R 212,970円
01/27 中京09R 185,870円

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧