競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

無敗の短距離馬ビッグアーサーがどこまで戦えるのか 北九州記念(GⅢ)

読了までの目安時間:約 2分

 


5戦5勝、その勝利は全て芝1200m。明らかに1200mだけに絞ってレースをしているのがビッグアーサーです。そのビッグアーサーが北九州記念で古馬と激突します。このレースは4歳のビッグアーサーが最高年齢8歳での馬と競うハンデ戦。しかも、斥量は55キロです。では、過去のデータを見ていきます。

過去9年で1番人気は大不振。なんと1連対しかありません。新聞を見ていますとビッグアーサーが1番人気になりそうな予感がするので、これはアーサーが不利な状況といえます。そして、連対の半数以上が6番人気以下というかなり荒れやすい展開。オッズを見る限りでは中穴以上が続出しており、10倍、本命決着は稀となっています。馬券アプローチとしては人気薄の軽量馬を絡めて中穴以上を狙うとか面白そうですね。

レースの穴として52キロの軽量馬には注意です。実は6番人気以下で連対した10頭のうち6頭は52キロの軽量馬というデータがあります。ただ、今回は52キロがいません。そのため、53キロの牝馬がそれに該当します。牝馬の連対は53キロ以下が多いので以下の馬は注意です。ベルルミエール、バーバラが53キロ。オーミアリス、レオパルディナが50キロとなっています。

筆者のイチオシのベルカントも出走しているのですが、斥量は55キロ。55キロの牝馬はほとんど来てないのでデータ通りだと厳しそうです。

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開

 

重賞レース展望   コメント:0

この記事に関連する記事一覧