2017年天皇賞・春(GI)レース回顧

競馬必勝法【プラス収支】研究室

国内に敵なし キタサンブラックが天皇賞・春(GI)を連覇!

読了までの目安時間:約 2分

 


天皇賞・春には1番人気が全く勝てないというお約束がありました。これは過去のデータでも明らかな通りです。なので4月30日の天皇賞・春もキタサンブラック、またはサトノダイヤモンドのどちらかが1番人気となれば来ないことになってしまう。ですが、そんな懸念をキタサンブラックはレースレコードを出して打ち破りました。では、レースを振り返ります。

スタートはまずまず。鼻を切ったのはヤマカツライデンです。ヤマカツライデンが序盤から一気に逃げの勝負に出ます。ですが、3200mの長距離を逃げるのは相当厳しい。2番手はキタサンブラック。

ヤマカツライデンを追おうとはせずに2番手でも後続手段からはほとんど離れていません。中団にはサトノダイヤモンドやシュヴァルグランがいます。ヤマカツライデンが逃げたことでわりとハイペースになりましたが、ヤマカツライデンは中盤以降に捕まり始めます。そして、ゴールまで残りが直線となった頃、いよいよサトノダイヤモンドが動きます。先頭はキタサンブラックです。

直線ではキタサンブラックが抜け出します。速い。スタミナは持つのかという心配をよそに後続が全然追いつけない。ここでシュヴァルグランやサトノダイヤモンドもようやく追い込んでくる。しかし、キタサンブラックは止まらない。そのままゴールして天皇賞・春を連覇しました。武豊騎手はなんと天皇賞・春は8回目の勝利だそうです。

 

重賞レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

最強の競馬必勝法、公開しています!

競馬の知識や経験はあまり必要のない、しかし理論的には「なるほど~」と誰もが感じてしまう『競馬必勝法』を、実は実践して(つまり買い続けて)おります。

競馬必勝法と言い切れるのは、それでトータルプラス回収だからです。

このブログにお越しいただいた数少ない読者様に感謝の意味もこめて公開しております。

⇒ 競馬必勝法はこちらで公開