競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

阪神JF(GI)はロックディスタウンを軸に!

読了までの目安時間:約 2分

 


12月10日、2歳女王決定戦である「阪神JF」が阪神競馬場で開催されます。2歳牝馬ということでかなり予想が難しいレース。でも、今回もルメール騎手に任せればいいかと。なので、ロックディスタウンですね。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番と4番人気はそれぞれ2連対ずつ。5番人気g4連対となっており、人気馬同士が堅実となっています。6番~9番人気は2連対。10番人気以下も2連対。最近もほとんど荒れてないので荒れて中穴ですね。

過去のオッズだと、10倍以下が1回。10倍以上が3回。20倍と30倍以上がそれぞれ2回ずつ。50倍以上が1回。100倍以上が1回です。最近4年の馬連だと、12倍、22倍、35倍、5倍となっています。本命は稀ですが10倍~20倍ぐらいの中穴狙いが良さそうですね。

馬のタイプ別だと、阪神競馬場は直線の長い外回りコースなので差し、追い込みが活躍しています。たまに先行はきますが、狙うなら末脚に威力がある差し、または追い込み馬ですね。ただ、この時期は実力以上の強さはほとんど見れなく、急に化けたりするので、実績だけで判断するのは難しい。そこで外国人騎手、ルメールさんが頼りです。でも、差し、追い込みが決まりやすいということは上がりの速さも問われます。

最後に上がりの速さに注目しておくと、マウレアが33.5秒。トーアンセンバーが33.7秒。ノーブルアースが33.9秒。マドモアゼルが34.3秒。ソシルアクラブが34.4秒です。そういう意味ではロックディスタウンは上がりはそれほど速くない。でも、ルメール騎手ならなんとかしてくれるでしょう。

 

重賞レース展望   コメント:0