2017年京成杯AH(GⅢ) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

京成杯AH(GⅢ)は中穴以上が狙い目!

読了までの目安時間:約 2分

 


9月10日、サマーマイルシリーズの最終戦となる京成杯AHが中山競馬場で開催されます。ハンデ戦の重賞なので人気薄の激走が多く、1番人気がほとんど来ないため、波乱傾向が強いレースとなっています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は1連対。2番人気は6連対。3番と4番人気がそれぞれ2連対。5番人気はなしで、6番~9番人気が5連対。10番人気以下が4連対です。今回のレースに鍵って1番人気より、2番人気の方が連対しており、信頼できるという。

過去のオッズだと10倍以下はなし。10倍以上が2回。20倍以上が1回。30倍以上が4回。50倍以上が1回。100倍以上が2回。本命決着はないので中穴以上を狙いましょう。最近の5年では馬連で49倍、15倍、46倍、623倍、22倍となっています。人気馬(2番人気)に人気薄を絡めて中穴以上で決まりですね。

さて、今回の2番人気はグランシルクですね。1番人気はマルターズアポジーとなっています。ただ、グランシルクの成績を見ていくと勝ってないんですよね。最近の5戦だと、2,3,3,2,2となっていて、馬券圏内にはいるのですが、1着はないという。これをどう見るか、難しいところです。ただ、ハンデも56キロなので狙い目といえば、そうなります。

馬の斥量だと57キロ以上の活躍が目立ちます。最近の6年のうち5年では57キロ以上が連対しています。でも、穴を開けるのは53キロ、54キロという軽量馬です。ただ、3歳馬は不振です。

 

タグ :   

重賞レース展望   コメント:0