2017年スプリンターズS(GI)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

レッドファルクスの二連覇で決まり!スプリンターズS(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


10月1日、中山競馬場では秋のスプリント王決定戦。スプリンターズSが開催されます。昨年は、前走CBC賞で初重賞勝利というレッドファルクスが中団から差し切り快勝。1.8倍のビッグアーサーは12着と惨敗と番狂わせだったわけですが、今年も2頭が出走しています。でも、勝つのは一段たくましくなったレッドファルクスではないでしょうか。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は6連対。3番人気は4連対と1着~3着までの上位人気馬が強い。4番と5番人気はゼロ。6番~9番人気は2連対。10番人気以下は3連対です。ただ、最近だけを見れば10番人気以下の連対があります。

オッズの方は10倍以下が3回。10倍、20倍、30倍以上が1回ずつ。50倍以上が3回。100倍以上が1回となっています。馬券購入アプローチとしては人気馬と人気薄を絡めて中穴狙いといったところでしょうか。今回はレッドファルクスが良い軸になりそうです。

ビッグアーサー以外のGI実績馬はセイウンコウセイ。高松宮記念1着です。2着のレッツゴードンキ。朝日FS2着のモンドキャンノといったところ。GI実績馬は注意です。後、セントウルSの勝ち馬ですが、ビッグアーサーは昨年、来ませんでした。ファインニードルもそこまで期待はできないかと。

 

タグ :   

重賞レース展望   コメント:0

神戸新聞杯(GⅡ)は1番人気のレイデオロを軸に中穴で決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


9月24日、阪神競馬場では菊花賞トライアルレースとなる神戸新聞杯が開催されます。昨年はダービー2着のサトノダイヤモンドが1.2倍という圧倒的な人気に応えて差しきって勝利。今年はダービー馬であるレイデオロが出走します。もちろん、1.6倍の1番人気です。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は8連対。2番人気は2連対。3番人気は4連対。4番人気はなし。5番人気は1連対。6番~9番人気は5連対。10番人気以下は0です。1番人気はかなり信頼ができる数値かと。ただ、最近の5年のうち4年で6番人気以下が連対しています。

オッズの方を見ておくと、10倍以下が4回。10倍、20倍以上がそれぞれ2回。30倍、50倍以上が1回ずつとなっています。G1実績馬が揃えば堅いレースになりやすいですが、今年はダービー馬しかいませんね。皐月賞3着のダンビュライトもGI実績馬になるかといったところ。GI実績馬がほとんどいないので、本命狙いよりはレイデオロを軸にして中穴狙いといったところでしょうか。

後、馬のタイプ別だと差し、追い込み馬が強いです。レイデオロは別格として、前走の上がり3Fが速い馬が狙い目。32.9秒のキセキ。33.4秒のサトノアーサー。33.5秒のカデナ。33.7秒のベストアプローチ。33.8秒のレイデオロとダンビュライトなっています。

因みにレイデオロを軸にしている理由がもう1つあって、1番人気がダービー馬なら連対率100%です。つまり、レイデオロが連対する可能性は非常に高いといえます。

 

タグ :    

重賞レース展望   コメント:0

ローズステークス(GⅡ)はオークス直行馬を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


9月17日、秋華賞トライアルとなるローズステークスが開催されます。このレースは秋華賞を勝つ馬を占うにはとても重要なレースです。ローズステークスに出走後、秋華賞では過去10年で13頭も連対しています。

昨年は単勝1.6倍のオークス馬、シンハライトが差しきりました。今年のオークス馬はでていませんが、2着のモズカッチャン。桜花賞馬のレーヌミノルがいますので、ハイレベルな争いが期待できます。それでは過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は3連対。3番人気はなし。4番、5番人気がそれぞれ1連対ずつ。6番~9番人気は5連対。10番人気以下は3連対となっています。最近は、6番人気以下の連対がわりと多いので人気馬同士の決着はあまりない傾向です。

過去のオッズだと10倍以下が2回、10倍以上が2回、50倍以上が4回、100倍以上が2回となっています。GⅠ実績馬がいると本命という感じです。最近の4年だと78倍、210倍、17倍、74倍となっています。人気馬を軸に人気薄を絡めて中穴以上を狙うと面白そうですね。

さて、もう一つの傾向としてオークスからの直行馬が活躍しています。今回なら、モズカッチャン、ミスパンテール、リスグラシュー、ブラックスピーチ、レーヌミノルです。この中でオークス上位馬はかなり強い。なので、モズカッチャンはマークですね。オークス5着のリスグラシューは桜花賞も2着。怖い存在です。

馬のタイプ別だと直線が長い外回りのコースなので差しと追い込み馬が活躍しています。また、上がりの速さにも注意してください。上がり3位以内に連対がわりと多いです。

 

重賞レース展望   コメント:0