2017年新潟2歳S(GⅢ)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

新潟2歳S(GⅢ)は関東馬で大穴狙い!

読了までの目安時間:約 2分

 


8月27日、新潟で行われる今年の2歳王者決定戦。それが新潟2歳Sですが、このレースはとにかく荒れることが多い。新馬戦、未勝利戦を勝ってきた新馬の実力は未知数なので、仕方がないことはありますが、その分、万馬券を狙いやすいかもしれません。それでは過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気はなし。3番と4番人気は3連対ずつ。5番人気はなし。6~9番人気が2連対。10番人気以下は6連対となっています。1番人気は信用できそうですが後は難しい。しかも、10番人気以下が多いので、馬券購入アプローチとしては人気馬を軸に人気薄狙いでしょうか。

過去のオッズは10倍以下が2回。10倍以上が1回。30倍、50倍が1回ずつ。そして、100倍以上はなんと5回です。堅いのか大荒れになるのか両極端ですね。過去の5年のオッズは、123倍、16倍、7倍、131倍、41倍です。しかも、穴になりやすいのは関東馬なので、関東馬に要注目です。

さて、土曜日現在の単勝1番人気はムスコローソです。前走の新馬戦を振り返ると、落馬のアクシンデントはありましたが、ムスコローソの上がり速さはかなり気に入りました。34.1秒です。直線でも一気に出すぎずにパワーを貯めての徐々に加速。強い勝ち方でした。期待出来るかと。

後、34.2秒のプレトリアも良い脚を持っています。ただ、この時期はデータも乏しく、馬の気性も激しいことが多い。思う通りに走ってくれたら良いのですが、中々、難しそうです。33.7秒と一番上がりの速いテンクウも面白い。

 

重賞レース展望   コメント:0

ヤカマツエース VS エアスピネルの一騎打ち!?札幌記念(GⅡ)

読了までの目安時間:約 2分

 


8月20日、サマー2000シリーズ第4戦に当たる札幌記念が開催されます。このレースは毎年、GI級の馬が出場するのでレベルが高いのが特徴。今回は3年連続出走のヤマカツエースとエアスピネルの一騎打ちになるのではないかと睨んでいます。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は2連対。3番人気はなし。4番人気は1連対。5番人気は6連対となっています。1番人気と5番人気はわりと信用できそうですが、後の上位は難しいですね。5番人気を抑えるというのも不思議な感覚ではあります。とりあえず、ヤマカツエースか、エアスピネルのどちらかを軸にして穴狙いといったところです。

オッズの方だと、10倍以下は2回、10倍以上は5回、30倍が1回、100倍が2回と、荒れるときと、荒れない時がわりと両極端。最近の5年だと9倍、42倍、4倍、140倍、13倍となっていて、本当どちらに転ぶかわかりませんね。中穴狙いで良さそうではあります。

馬のタイプ別だと逃げと先行馬が活躍しています。昨年もネオリアリズムが逃げて完封しています。逃げと先行には要注意です。後、札幌記念で1番人気の成績を調べていると、5歳馬の連対率が100%になっていることがわかりました。つまり、ヤマカツエースは連対する可能性が高いということになります。

 

重賞レース展望   コメント:0

高速馬場では上がりの速い馬を狙え!関屋記念(GⅢ)

読了までの目安時間:約 2分

 


8月13日、新潟競馬場では関屋記念が開催されます。昨年は4歳馬のヤングマンパワーが好意から抜け出して勝ちました。でも、今年はGI馬のダノンプラチナもいるので、中々の面白いレースになるのではないかと楽しみにしています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は4連対、3番人気は2連対。4番人気は3連対。5番人気は2連対と、連対馬の17頭が5番人気以内にあり、上位人気馬が堅実。ただ、たまに近年は荒れることもあります。昨年も、一昨日もそうでした。

オッズの方を見ておくと、10倍以下が2回、10倍以上が5回、20倍以上が1回となっています。30倍以上が2回で、あとはありません。ほとんど本命ですが、10倍以上辺りが狙い目です。5番人気以内、もしくは少し荒れると思えば、6番~8番ぐらい人気馬を混ぜても良いかと。大きく荒れるレースではなさそうです。

新潟競馬場の特性として、全面野芝の高速馬場があげられます。そのため、スピードと持久力が試される。そこで、前走の上がりの速い馬をピックアップしておきます。まずは33.0秒のメートルダール。次に33.3秒のロードクエスト。同じくトーセンデューク。後は33.9秒のショウナンバッハ、ブラックムーンとなっています。

後は中京記念組の上位馬にも注意です。一昨年、昨年と中京記念組の上位馬が連対しています。また、最近の傾向として逃げ馬が活躍しています。差し追い込みにはかなりのタイムが問われるかと。32秒ぐらい上がりが速ければいけそうですが、今回のメンバーにはいません。

 

重賞レース展望   コメント:0