7冠のウォッカ、9冠のフランケルで合計16冠

競馬必勝法【プラス収支】研究室

ウォッカの仔!今年、最大の期待馬「タニノフランケル」が8月12日にデビュー戦

読了までの目安時間:約 2分

 


宝塚記念も終わってGIはしばらく開催されずに夏を迎えるわけですが、今年は超期待の新馬がいます。その名もタニノフランケル。父はフランケル。母はウォッカという世界的な良血。しかも、GI勝利数は7冠のウォッカ、9冠のフランケルで合計16冠。

しかも、このフランケルはイギリスの元競走馬で14戦14勝という素晴らしい成績。主な成績をGIだけあげても、デューハーストS、2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、クイーンエリザベス2世S、ロッキンジS、クイーンアンS、サセックスS、インターナショナルS、チャンピオンSとなっています。

ウォッカの仔というだけでも速そうですが、そこにフランケルという良質な血統。これは期待するしかないですね。因みにウォッカという名前は父のタニノギムレットの「ギムレット」というお酒の名前から来ているそうです。

さて、タニノフランケルのデビュー戦は8月12日の新潟・芝1800メートルです。誰が騎乗するかはまだ決まっていませんが、超期待馬ですから、有名な騎手が乗ってくれるかもしれないですね。武豊騎手やルメール騎手など。まだ1ヶ月近くありますが、とても楽しみです。

 

競馬コラム   コメント:0

七夕賞は1番人気のゼーヴィントが勝利

読了までの目安時間:約 2分

 


サマー2000シリーズの第1戦の七夕賞は1番人気のゼーヴィントが勝ちましたが、2着のマイネルフロストは5番人気、3着のソールインパクトは7番人気です。マイネルフロストは予想外でしたが、後の2頭は怖い存在だと思っていました。ゼーヴィントの場合は怪我後の初レースだったことで調子が戻っているのかも心配していました。

ハンデ戦、元々荒れるレースで本命決着はまれということで1番人気も信用するのは難しかったわけですが、怪我がなければ実力と実績は十分ありました。マイネルフロストは57キロのハンデで良く来ましたね。重賞制覇はしていませんが、上位に食い込んでる実力はあると。

3着のソールインパクトが怖いと思った理由は軽量の53キロですね。ゼーヴィントと比べて4キロも軽い。しかも、2400mで勝っている実績もあると。

レースを直線だけ振り返ると、好意から抜け出して前を走っていたマイネルフロストにゼーヴィントが追いついての勝利です。中々、きわどかったですが良く届いたという印象です。でも、これで怪我の心配もなくなったので次のレースではゼーヴィントはさらに人気になるかと。

 

重賞レース回顧   コメント:0

七夕賞(GⅢ)は波乱の予感!?星に願いを込めて万馬券をget!

読了までの目安時間:約 2分

 


7月7日、生憎の雨で天の川は見れなかったのですが、その分、7月9日の「七夕賞」では万馬券getという願いを叶えたい。しかも、このレースでの本命決着はまれで万馬券を狙うにはもってこいのレースだったりします。では、過去のデータを見ていきます。

1番、2番人気は共に3連対。3番、4番人気は共に1連対ずつ。5番人気が2連対となっており、この時点で人気馬がほとんど来てないという。ちょうど上位人気馬と人気薄が半々ですね。6番~9番人気以下は6連対。10番人気以下は4連対となっています。

オッズの方も10倍以下、10倍以上はなし。20倍、30倍が3回ずつ。後は100倍以上が4回となっています。本命はまずない。中穴~大穴狙いですね。でも、せっかくだし万馬券を狙いたい。最近の5年だと164倍、49倍、158倍、38倍、22倍となっていて、万馬券が来ても並び順にはおかしくないですね。お膳立てが揃いすぎている。

後、このレースはハンデ戦なので重量が重いと厳しいことがあります。最近、56キロ以上の馬が活躍しています。51キロといった極端なハンデを持った馬は来ていません。

また、前着の成績もほとんど関係のない珍しいレース。ここで試されるのはハンデを背負っても勝てる真の実力です。芝2000mの実績がある5歳か、6歳馬を狙いましょう。とはいっても競馬新聞を見る限りではそれなりの実績がある馬が揃っていますね。ならハンデ差ですかね。

ソールインパクト、ヴォージュ、後は怪我した後遺症が心配でありますが、ゼーヴィントですかね。荒れる展開になるなら人気もあまり関係ないですからね。実績とハンデで選んでください。

 

重賞レース展望   コメント:0