7冠のウォッカ、9冠のフランケルで合計16冠

競馬必勝法【プラス収支】研究室

ウォッカの仔!今年、最大の期待馬「タニノフランケル」が8月12日にデビュー戦

読了までの目安時間:約 2分

 


宝塚記念も終わってGIはしばらく開催されずに夏を迎えるわけですが、今年は超期待の新馬がいます。その名もタニノフランケル。父はフランケル。母はウォッカという世界的な良血。しかも、GI勝利数は7冠のウォッカ、9冠のフランケルで合計16冠。

しかも、このフランケルはイギリスの元競走馬で14戦14勝という素晴らしい成績。主な成績をGIだけあげても、デューハーストS、2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、クイーンエリザベス2世S、ロッキンジS、クイーンアンS、サセックスS、インターナショナルS、チャンピオンSとなっています。

ウォッカの仔というだけでも速そうですが、そこにフランケルという良質な血統。これは期待するしかないですね。因みにウォッカという名前は父のタニノギムレットの「ギムレット」というお酒の名前から来ているそうです。

さて、タニノフランケルのデビュー戦は8月12日の新潟・芝1800メートルです。誰が騎乗するかはまだ決まっていませんが、超期待馬ですから、有名な騎手が乗ってくれるかもしれないですね。武豊騎手やルメール騎手など。まだ1ヶ月近くありますが、とても楽しみです。

 

競馬コラム   コメント:0