2017年アイビスSD(GⅢ) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

アイビスSD(GⅢ)は逃げ馬と牝馬を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


30日、新潟競馬場でアイビスSDが開催されます。このレースは芝1000mの長短距離で競うサマースプリントシリーズの第2戦。昨年は牝馬のベルカントが2番手から抜け出して2連覇を達成しました。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は2連対。3番人気は3連対。4番無しで5番人気は3連対。6番~9番人気以下は4連対。10番人気以下は2連対となっています。以前は人気薄の激走も多かったのですが、最近は5番人気以内が来ていますので人気馬を抑えた方がよさそうです。1番人気はわりと信頼できます。

次にオッズですが、10倍以下が1回、10倍以上が2回、20倍以上が1回、30倍以上が4回、50倍以上が1回、100倍以上が1回となっており、30倍前後、中穴狙いが面白いかと。最近の5年では34倍、10倍、23倍、47倍、3倍となっています。

馬のタイプ別だと芝1000mなので逃げ馬と先行馬ですね。でも、案外、差し馬も来るので要注意。追い込みは届きません。スプリント能力が高い馬なら普通に逃げられる距離かと。また、5歳馬と4歳馬が来ています。後、暑さに強い牝馬の活躍もあるので、今回のフィドゥーシアはかなり良いと思います。後はアクティブミノルですかね。最近、勝ってないので軸にするのは難しそうですが、馬券内には食い込んでくるんじゃないかと。

 

重賞レース展望   コメント:0

中京記念(GⅢ)は人気薄同士の大穴狙い!

読了までの目安時間:約 2分

 


7月23日、中京競馬場で中京記念が開催されます。昨年は7番人気のガリバルディが突っ込んできて勝ちましたが、2着も6番人気のピークトラムでした。このように中京記念は人気馬が全く来ていない超波乱が起きやすくなっています。では、過去のデータを見ていきます。

驚くべきことに1番~4番人気まで全て連対なし。5番人気が2連対。6番~9番人気が5連対。10番人気以下が3連対です。このような超波乱傾向では本命を狙ってもまず来ないかと。

オッズの方は過去5年で20倍以下までなし。30倍以上が1回、50倍以上が1回、100倍以上が3回です。なんと100倍以上の方が多い。過去5年の馬連だと、49倍、200倍、220倍、171倍、51倍となっています。

このように人気馬が来ない。超荒れそうな予感がするレース。一体何を軸にして購入すればいいか。かなり難しいと思います。競馬新聞だとブラックムーンとグランシルクなのですが、人気馬は来ない。前走好走馬は不振。だいたい前走6着前後の馬が馬券に絡んできます。それだけで見ると、ピンポンやスーサンジョイが該当しますが、どっちもほぼノーマーク。来たら確実に万馬券ですね。

後は、58キロのトップハンデーを背負ったワンアンドオンリー。ここ1年は調子悪いみたいですが、そろそろ勝ってもいいんじゃないかと。

 

重賞レース展望   コメント:0

函館記念(GⅢ)は万馬券getチャンス!中穴以上が狙い目

読了までの目安時間:約 2分

 


16日、サマー2000シリーズの第2戦「函館記念」が開催されます。ハンデ戦ということもあり、人気薄の激走が目立つので万馬券が狙い目です。逆日に10倍以下の本命は一度も来ていないので中穴以上ですね。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は2連対。2番人気は2連対。3番人気は3連対。4番人気は4連対。5番人気はなし。6番~9番は5連対。10番人気以下は4連対。特に最近の6年だと7番人気以下が2着に入っていることが多いです。

オッズのほうは10倍以下なし。10倍以上が2回。20倍以上がなし。30倍以上が1回。50倍以上が4回。100倍以上が3回となっています。最近の5年だと、98倍、35倍、50倍、81倍、108倍と中穴~万馬券まででています。人気馬を軸に人気薄を絡めて中穴、もしく万馬券を狙いましょう。

ハンデ戦なので馬の斥量を見ておくと55.5~57.0キロが活躍しています。また、人気薄の傾向として6歳以上の高齢馬が穴として連対することが多いです。

昨年、函館記念を勝っているマイネルミラノは58キロのトップハンデ。58キロも来てないことはないですが、かなり厳しいと思います。後は朝日FS1着のサトノアレスですが、調子を上げてくれば強いと思いますが、相手は古馬ですしね。さすがに分が悪いかもしれません。ただ54キロのハンデは中々いいかと。人気馬の軸にして30倍以上の人気薄と絡めた組み合わせを探して見ると面白いかと。

 

重賞レース展望   コメント:0