2017年安田記念(GI)レース回顧

競馬必勝法【プラス収支】研究室

安田記念(GI)はサトノアランジンのGI初勝利を飾る

読了までの目安時間:約 2分

 


6月4日、東京競馬場で開催された安田記念。こちらはイスラボニータと史上初の4週連続GI制覇を応援していたのですが、なんと8着の惨敗でした。勝ったのはサトノアラジンです。改めてサトノアラジンのデータを新聞で読み直したのですが、これは買えないですね。前走の成績が悪すぎる。

5ヶ月放牧、京王SC9着。ほぼノーマーク。本当に穴でした。2着のロゴタイプは前年勝っているので来ると思っていました。3着のレッドファルクスはスプリンター制覇もして、かなり成績良いので買えないこともない。ですが、サトノアラジンは全く予想できなかった。

しかも、勝ち方も悪くないんですよ。最後の直線で大外から伸びてロゴタイプをクビ差でかわしました。やっぱり、ディープ産駒は強いてことですかね。

1番人気のイスラボニータは馬群に沈んででることができなかった感じです。本来の力は全然出せてないですね。本来なら上位に食い込んでくる強さですし。まあ、こういうことも競馬ではわりとありますね。次の活躍に期待します。それにしても、ルメール騎手でも、外に持ち出せないと何もできずに終わってしまうんですね。

 

重賞レース回顧   コメント:0

安田記念(GI)はルメール騎手とイスラボニータで決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月4日、東京競馬場で開催される安田記念は春のマイル王決定戦です。そして、なんとルメール騎手のGI連続4連覇がかかっています。しかも、騎乗はイスラボニータということでこれは期待してもいいかと。それでは過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対、2番人気は4連対、3番人気は3連対、4番人気はなし、5番人気は2連対となっています。ただ、6番~9番人気は4連対。10番人気以下は2連対と人気薄もわりときているので要注意です。

オッズは10倍以下が1回、10倍以上が2回、20倍以上が1回、30倍以上が2回、50倍以上が1回、100倍以上が3回と中穴~大穴の決着がほとんど。馬券購入アプローチとしては人気馬に人気薄を絡めていくと面白いかと。

馬のタイプだと逃げ馬不振で差し、追い込み馬が活躍しています。マイルなので馬の末脚が試されます。後、外国馬はほとんど来てないので無視でいいかと。

芝1600mのレースなのですが、東京開催ということで直線が長い。わりとスタミナも要求されるかと。そういった理由から2000mに強い馬が有利ともいえます。そこで大阪杯の2着のステファノスは注意。

穴としては前走で負けているマイル実績馬。アンビシャス、ブラックスピネル、ロゴタイプ辺りでしょうか。イスラボニータを軸でマイル実績がある馬の組み合わせということですね。

 

重賞レース展望   コメント:0

非サンデーの血で日本ダービー(GI)を勝ったレイデオロ

読了までの目安時間:約 2分

 


5月28日、競馬ファン以外でも大注目の日本人ダービーが開催されました。勝ったのは2番人気のレイデオロ。ルメール騎手でした。ルメール騎手はなんと3週連続でGI制覇という快挙です。

日本ダービーは上位人気馬が強いのでレイデオロが来ることはそれほど驚くことではないのですが、面白いのがレイデオロはキングカメハメハの血というところ。なんと非サンデーの血なんですよね。

最近の日本ダービーの勝ち馬はディープ系かステイゴールド系の血、たまにハーツクライ系でした。キングカメハメハ産駒の勝率は9.9%。連対率15.3%と上の3系統と比べてそれほど高くなかった。

レースを振り返ると、やはり、スローペースというところが気になりました。1000mの通過タイムは1分3秒台。ここまで遅いと馬の瞬発力が物言う展開です。それを見切ったルメール騎手が直線前に好位についていたのはさすがです。この時点で上がりの速い馬がダービーを制することになっていました。レイデオロ、スワーヴリチャード、アドミラブル辺りが有利な展開でした。

そもそもゴールタイムは2分26秒ですから、相当、遅いんですよね。レイデオロが勝ちましたが、スワーヴリチャードも惜しかったです。

 

重賞レース回顧   コメント:0