2017年宝塚記念(GI)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

やっぱりキタサンブラック!宝塚記念(GI)でGI3連勝も確実!?

読了までの目安時間:約 2分

 


6月25日、競馬ファンの夢の祭典「宝塚記念」が阪神競馬場で開催されます。ファン投票で選ばれた各馬は全て実力者揃い。その中でもダントツの1番人気は北島三郎オーナーの現役最強馬「キタサンブラック」。なんと土曜日現在は単勝1.6倍です。2番人気のミッキーロケットが8.4倍ということでキタサンブラックが圧倒的ですね。

キタサンブラックの今年だけの実績を見ても大阪杯、天皇賞・春とGI2連勝で勢いもあり、このまま3連勝も確実というところ。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は4連対。3番人気は2連対。4番人気がなしで、5番人気が2連対。6番~9番人気が5連対。10番人気以下は1連対とわりと人気薄の馬が突っ込んで荒れることがあります。今回はキタサンブラックを軸にしても、2着と3着の予想は難しいですね。

過去のオッズは10倍以下がなし。10倍以上が4回。20倍以上が2回。30倍以上がなし。50倍以上が3回。100回以上が1回です。最近の5年だと10倍、51倍、89倍、129倍、24倍とかなり荒れています。本命はなさそうなので10倍以上の中穴狙いが面白いですね。

馬のタイプ別だと先行と追い込みが8連対ずつ。逃げと差しが不振です。馬場が渋ると先行馬が強いので当日の状態は確認しておきたい。明日の阪神の天気予報はかなり不調です。雨が降ったりやんだりと。これは馬場の状態は重くなるかもしれないですね。重くなりそうなら先行馬を買えばいいかと。

天気は心配でありますが、キタサンブラックなら大丈夫かと。ただ、それ以外は混戦になるかもしれませんね。

 

重賞レース展望   コメント:0

ユニコーンS(Ⅲ)は上位人気馬が堅実!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月18日、東京競馬場ではユニコーンSが開催されます。昨年は2番人気のゴールドドリームが先行で抜け出しての勝利で重賞初制覇を飾りました。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は8連対。2番人気は6連対。3番人気は4連対。4番人気は1連対とほぼ上位人気馬が堅いレース。今回も本命狙いで良いでしょう。

オッズのほうは10倍以下が8回。50倍が2回となっています。ほとんど荒れませんが荒れると50倍以上という。1番人気を軸にして10倍以下が狙い目ですね。

馬のタイプ別だと先行と追い込み馬が活躍しています。差しと逃げは不振ですね。馬の最速上がりにも要注意でしょう。

土曜日現在の1番人気はリエノテソーロが2.3倍。2番人気はアンティノウスで6.9倍。3番人気はサンライズソアで7.4倍となっています。以下、サンライズノヴァ、サヴィとなっていて1番人気はかなり堅そうですね。

このリエノテソーロは前走、NHKマイル2着。上がりも34秒の最速。軸にしても良さそうです。次に上がりが速いのはラユロットの35.2秒。ハルクンノテソーロが35.4秒。サンライズノヴァが35.6秒となっています。

後、連対馬の傾向としては前走のダートで勝った馬がそのまま連対しています。リエノテソーロは勝ってないですが、NHKマイル2着なら大丈夫かと。

 

重賞レース展望   コメント:0

エプソムカップ(GⅢ)は上位人気馬で決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月11日、東京競馬場で開催されるエプソムカップ。昨年は前年のオークス2着馬のルージュバックの圧勝でした。大外からの豪快の差しきりは見事でしたね。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は5連対。3番人気は3連対。4番人気は3連対。5番人気は1連対と上位人気馬が強いです。なんと20頭のうち19頭が上位5着までということで、このレースは中穴止まりになる可能性が高いといえます。

オッズの方も上位人気馬が強いので10倍以下が4回、10倍以上は3回、20倍以上が3回のみ。あとはありません。馬券購入アプローチとして1番人気を絡めて20倍前後といったところですね。20前後ならわりと絞れるのではないでしょうか。

馬のタイプ別だと逃げは不振。先行が1番多い。その次に差しと追い込みです。道中5番ぐらいにいる先行馬が狙い目です。後、エプソムカップでは牝馬はあまり活躍していません。昨年のルージュバックは稀な展開でした。なら、ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュはどうなのか。上がりが速いので注意は必要かと。

土曜日の1番人気はアストラエンブレム。2番人気はデンコウアンジュ。3番はタイセイサミット。4番人気がマイネルハニー、5番人気がクラリティスカイとなっています。

上位人気馬が強いのでこの5頭の組み合わせで20倍前後辺りを探してみるのが面白いかと。

 

重賞レース展望   コメント:0