2017年オークス(GI) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

オークス(GI)は桜花賞とフローラSの上位馬を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


5月21日、東京競馬場では牝馬クラシック第2弾のオークスが開催されます。昨年は桜花賞2着馬のシンハライトが後方からの怒濤の追い上げで勝ちました。調べてみると桜花賞馬上位馬が連対に良く来ているようです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は4連対。3番人気は2連対。4番人気は1連対。5番人気は3連対となっており、上位人気馬が活躍しています。荒れる展開というのはあまり期待出来ないですね。

オッズの方を見ておくと、10倍以下が4回、10倍以上が3回、それから一気に飛んで100倍以上が3回です。たまに極端に荒れますが出走する3歳牝馬が優秀で距離適正があるなら桜花賞のデータで十分かと。

さて、このレースのポイントは桜花賞、フローラS3着以内馬。後はわすれな草勝の勝ち馬にも要注意。桜花賞馬のレーヌミノル、2着のリスグラシュー、3着のソウルスターリング、この辺がもうかなり固いですね。それにフローラSで1着のモズカッチャン、2着のヤマカツグレース、3着のフローレスマジック、さらに、わすれな草の勝ち馬であるハローユニコーン。

土曜の人気順からすると、1番人気はソウルスターリング、2番人気はリスグラシュー、3番はアドマイヤミヤビとなっています。最後のアドマイヤミヤビだけ異質ですが、前走の桜花賞12着ですしね。クイーンC1着ですが、調教師によると桜花賞は距離が短すぎたそうです。今回はかなり仕上がりという。個人的に弱い馬ではないと思うので連対候補としてあげておきます。

 

重賞レース展望   コメント:0

ミッキークイーンに今年こそ期待!ヴィクトリアマイル(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


5月14日、東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイルは人気薄の激走が良く起こるレースです。昨年も7番人気のストレイトガールが勝ちました。しかも、その時、ミッキークイーンは2着。今回、ストレイトガールはいませんのでミッキークイーンに期待できます。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番、3番、4番人気は1連対ずつ。5番人気は2連対と上位人気馬が1番人気以外は不振です。6番~9番が4連対。10番人気以下は5連対と。わりと大荒れが起こりやすい。このようなデータなので本命狙いよりは中穴以上が面白いかと。

過去のオッズは10倍以下、10倍以上、20倍以上、30倍以上は全て1回のみ。50倍以上が4回。100倍以上が2回と半分は50倍以上ということになります。最近の5年では55倍80倍、84倍、368倍、35倍と中穴以上。中穴~大穴狙いで手広く流すのも悪くない。

馬のタイプ別だと逃げ馬が不審なだけで後は順当に来ています。これでは絞りにくいですね。でも、前年のストレイトガールを考えるとクイーンズリングは怖いですね。エリザベス女王杯を勝っていますし。前走の阪神牝馬Sが15着なので人気は負けています。

順当に行けばミッキークイーンを軸に流せば良さそうですが、それだと12倍とかになると掛け金がマイナスになりますね。レッツゴードンキも高松宮杯2着ですから、ここも侮れないですが、逆に考えればGI実績馬は多くないですから、注意しつつ人気を見ていけばいいかと。

 

重賞レース展望   コメント:0

NHKマイルカップ(GI)は両極端 万馬券を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


5月7日、東京競馬場で開催されるNHKマイルカップは3歳のマイル王者を決めるレースです。芝1600mで1番速い3裁馬はどの馬なのか。土曜日の単勝1番人気はカラクレナイの500円となっています。今回は圧倒的な人気馬がいないので中々、混戦となりそうです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は2連対。3番人気は3連対。4番人気は1連対。5番人気は2連対。6~9番人気は1連対。10番人気以下は4連対となっており、1番人気以外はあまり信用なりません。さらに10番人気以下も連対多い。

オッズの方を見ていきますと、10倍以下が1回。10倍以上は3回。20倍以上は2回。さらに100倍以上は4回となっています。最近の5年だと、14倍、218倍、147倍、28倍、9倍と荒れるか、荒れないかの両極端。それなら強い馬がいない間に万馬券狙いも面白いかと。

また、馬のタイプ別だと先行か、追い込みが良く決まっています。展開次第で前残りの馬がそのまま勝つか、追い込みから仕掛けた馬が勝つパターン。穴は追い込み馬です。直線が長いので最後まで気を抜けないレースになりやすいです。

 

重賞レース展望   コメント:0