2017年高松宮記念(GI)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

高松宮記念(GI)は良馬場なら堅い決着!

読了までの目安時間:約 2分

 


春のスプリント王決定戦である高松宮記念。前年の高松宮記念はビッグアーサーのレコード勝利に驚かされたわけですが、アーサーも1番人気でした。今回の決め手はズバリ、馬場状態です。良馬場なら堅い決着になりやすいことが過去のデータでわかっています。では、そのデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番人気は4連対。4番人気は3連対。5番人気は1連対となっており、堅い決着が多いです。しかし、良馬場でないと人気薄が突っ込んできています。

オッズの方だと良馬場で7年のうち6年が5番人気以内の決着となっており、当日の馬場状態がとても重要です。それで当日の中京競馬場の天候ですが、9時までは曇りなのですが、12時から18時まで弱雨が続きます。弱雨ぐらいならそれほど馬場は荒れない気もしますが当日の天気には注意してください。

良馬場なら1番人気~5番人気以内で10倍以下の組み合わせです。単勝1番人気はファルクス、次がレッツゴードンキ、メラグラーナ、セイウンコウセイ、シュウジといった人気順となっています。枠連で10倍以下は4-6の組み合わせしかないです。馬連では7-12となんと2点しかありません。良馬場ならこれを狙ってみてはどうでしょうか。

後、馬のタイプ別だと先行馬がとにかく有利です。後、阪急杯組が活躍しています。でも、さすがにいくら阪急杯1着でもノーマークのトーキングドラムは買えないですね。2着のヒルノデイバローでも難しい。

 

重賞レース展望   コメント:0

サトノダイヤモンドが圧巻の1.1倍人気 阪神大賞典(GⅡ)

読了までの目安時間:約 2分

 


3月19日、阪神競馬場で開催される阪神大賞典ではキタサンブラックと並び立ち現役最強馬といっていいサトノダイヤモンドが出走します。そして、そのサトノダイヤモンドの土曜日の前売りオッズはなんと1.1倍。競馬新聞では全て◎評価という。

勝つのは当たり前という人気と評価なわけですが、サトノダイヤモンドは神戸新聞杯、菊花賞、有馬記念と3連勝。国内で向かうところ敵なし。サトノダイヤモンドの圧勝劇が予想されるわけですが、問題は2着と3着です。まずは過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は2連対。3,4,5番はそれぞれ3連対ずつ。6番~9番人気は2連対となっています。1番人気は堅実ですが、他はあまり信頼できない。堅いレースですね。

オッズの方は10倍以下が6回。10倍以上が2回、20倍、30倍が1回ずつと荒れても30倍までとなっており、本命狙いでいいかと。しかも、今回はサトノダイヤモンドがいます。もちろん、軸にするということになれば、データ重視でいくなら後は本命で10倍以下の組み合わせでいい。

馬連でシュヴァルグランなら1.2倍、後はどれも十倍以上です。このシュヴァルグランもオール〇ですから、サトノダイヤモンドが化け物なだけなんですよね。でも、2着だとしたら、3-9となり、1.2倍の馬連で決まりということになりますね。単勝でサトノダイヤモンド買うのと0.1倍しか変わらないという。さすがに堅すぎますね。

後は3着ですが、タマモベストプレイ、トーセンバジル、ワンアンドオンリーといったところでしょうか。

 

重賞レース展望   コメント:0

フィリーズレビュー(GⅡ)は両極端!?中穴以上を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


3月12日、阪神競馬場では桜花賞トライアルに指定されているフィリーズレビューが開催されます。3着まで優先出走権を得られるので要注目なわけですが、このレースは非常に両極端のデータが出ています。それでは見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は1連対。3番人気は3連対。4番人気は1連対。5番人気はなし。6番~9番人気は7連対。10番人気以下は3連対となっており、上位人気馬(5着まで)とそれ以外が同等の連対率です。極端な連対データなので人気馬と人気薄の両方を検討する必要があるかと。

オッズの方はなんと本命決着はおろか、10倍以上もありません。20倍以上が2回。30倍以上が4回。50倍以上が2回。100倍以上が2回と中穴以上がまず見込めます。さらに最近の5年では27倍、23倍、760倍。32倍、39倍となっています。30倍前後に焦点を当てても良さそうです。

馬のタイプ別だと逃げ馬は不振。先行と追い込みが活躍しています。差しより、追い込みというのが面白いですね。先行で3番手ぐらいで付いてきた馬と後続10番手ぐらいから追い込みをかける馬が狙い目となります。

後は馬の前走ですが、だいたい5着以内に入っている馬が活躍しています。ただ、今回の場合はほとんど放牧、または500万での勝利という。この時点で荒れそうな予感がしますが、500万クラスで1着の馬は連対していますので、タガノカトレア、ベルカプリ、カラクレナイは要注意。後、実績でいえば、京王2歳S(GⅡ)2着、阪神JF(GI)3着のレーヌミノルは怖い存在かと。前走のクイーンC4着が調整と考えればここに合わせてくるかもしれません。

 

重賞レース展望   コメント:0