競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

年度代表馬に選ばれたキタサンブラックの次の目標はGI昇格した大阪杯!

読了までの目安時間:約 2分

 


2016年、キタサンブラックが見事、年度代表馬に選ばれました。

2016年だけのレース実績でも産経新聞杯2着、天皇賞・春1着、宝塚記念3着、京都大賞典1着、ジャパンC1着、有馬記念2着と大活躍でした。さらに凄いのはキタサンブラックが今年5歳ってこと。早熟でない限りは6歳までは引退しないでしょうから、もしかするとこのままいけばゴールドシップ越えの獲得賞金もあるかもしれません。まだまだ稼いでくれるでしょうし、人気にもこたえてくれそうです。

さて、そんなキタサンブラックが次に狙うGIの情報が出てきました。日刊スポーツによるとキタサンブラックは今年、GIに昇格した「大阪杯」とのこと。大阪杯は4月2日、阪神競馬場の芝2000mです。まだ数ヶ月先でありますが、その後は天皇賞・春の2連覇。さらに3着だった宝塚記念の雪辱戦もあるのでキタサンブラックの動向に今年は大注目です。もちろん、騎手は天才ジョッキーの武豊。

しかも、武豊騎手にとって新しいGIに最高の馬に乗れる環境は何よりのプレゼントじゃないでしょうか。是非とも、今年こそ全GI制覇を達成して欲しいですからね。

 

競馬コラム   コメント:0

東京新聞杯(GⅢ)でのブラックスピネル逃亡劇には唖然!

読了までの目安時間:約 2分

 


2月5日、東京競馬場で開催された東京新聞杯は3番人気のブラックスピネルが勝ったわけですが、この結果にはかなり驚いています。

確かに天候は雨が降っていて芝の状態が悪く、差しや追い込み勢にはきついレースだったわけですが、まさか逃げが決まるなんてという気持ちです。しかも、迫り来る後続馬から首差で勝利というのも面白い。これは仮の話ではありますが、雨が降っていなければ逃げ切りは難しかったんじゃないかと。

こちらはエアスピネルを応援していたのですが、残念ながら3位という結果。せめて2着になってくれたら良かったのですが。過去のデータからは荒れやすい展開も予想できたのですが、終わってみれば3、5、1、4、10という人気順でした。馬連で30倍ほどですから中穴といったところです。

でも、実力差がはっきり出たわけじゃないのでこれからの4歳馬のレースは面白くなりそうですね。エアスピネルは個人的にGI馬の素質ありだと考えていますのでまだまだ期待は捨てていません。でも、ブラックスピネルは思わぬ伏兵でした。今後もいきなりの逃げ作戦で来るのか。楽しみにしたいと思います。

 

重賞レース回顧   コメント:0

東京新聞杯(GⅢ)はエアスピネルを軸で勝負!

読了までの目安時間:約 2分

 


2月5日、東京競馬場で開催される東京新聞杯は4歳馬と古馬とが激突するレース。今年は4歳馬の出場も多いため。今年の活躍しそうな馬を知る上でも重要な位置づけとなりそうです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は2連対。2番人気は3連対。3番人気は2連対。4番人気は1連対。5番人気は4連対と非常に上位人気馬が不振。6番~9番人気は6連対。10番人気は2連対。しかも、1番人気は6年連対がありません。過去のデータからすれば荒れやすいレースといえますが、今年はエアスピネルがいます。まだそれほど成績は良くないですが、一級品のGI馬になる素質があると見ているので、このメンツなら大丈夫かと。なので、エアスピネルは軸として狙うなら、後は6番~9番人気ということになります。

オッズの方もばらばらで10倍以下が2回、10倍以上が1回、30倍以上が2回、50倍以上が1回、100倍以上が4回です。最近の5年だと、120倍、37倍、16倍、67倍、146倍と荒れることが多いです。

馬の前走別の成績だと前走1着馬は7連対。2着馬は1連対。3着馬はなし。4着~6着馬は9連対。7着~9着馬は2連対。10着以下は1連対となっており、前走勝った馬は信頼できますが、2着~5着は不振。後はほぼ穴狙いとなります。そういう意味でもエアスピネルは前走の京都金杯を制覇していますので期待出来ます。ただ、今回の場合、前走で6着~9着はブラックムーンだけなのでエアスピネル以外の信頼性は低いかと。

タイプ別の場合だと差し、追い込みが決まりやすいのですが、展開次第では前残りが発生して先行馬がそのまま勝つこともあります。

 

重賞レース展望   コメント:0