2016年 阪神JF(GI)回顧 

競馬必勝法【プラス収支】研究室

阪神JF(GI)出遅れでも2着のリスグラシューの今後に期待

読了までの目安時間:約 2分

 


12月11日に開催された阪神JF(GI)は1番人気のソウルスターリングが制覇してデビュー戦以来、負けなしの3戦3勝となりました。確かにソウルスターリングは速かったのですが、2着で2番人気のリスグラシューはスタートで出遅れての怒濤の追い上げでした。ソウルスターリングとの差は1馬身と4分の1。仮にスタートで出遅れてなければ良い勝負になったのではないかと。そこが惜しいですね。

こうして2歳の女王はソウルスターリングとなりましたが、リスグラシューとの対戦はむしろ、ここからがスタートラインです。来年は桜花賞を皮切りに牝馬のクラシック3冠制覇という大目標が待っています。二頭のレースを見ているとそれほど強さに違いはないかと考えています。これからどちらも力を付けてきますので来年が楽しみになりました。

レースを振り返ると本命決着がまれな阪神JFだったのですが、今回は本当に本命でした。3着も3番人気のレーヌミノルですしね。かなりこの結果は珍しいと思います。1番人気が来ても今までは人気馬がそろってくるというのはあまりなかったので、それだけ3頭が強かったということですね。

 

重賞レース回顧   コメント:0