2016年朝日杯FS(GI)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

朝日杯FS(GI)はミスエルテで勝負!

読了までの目安時間:約 2分

 


12月18日、阪神競馬場で開催される朝日杯FSは2歳王者決定戦。今年も有力な新馬が多数集結しています。ただ、実績がまだまだ不足しているので馬の能力での判別が難しい。昨年は新馬戦の勝利のみで挑んだリオンディーズが勝ったこともあって、この時点での重賞実績だけでは判断するのは危険。ただ、今回は連勝中のミスエルテがいますので軸にするのは悪くないかと。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は4連対。3番人気は1連対。4番人気は3連対。5番人気は2連対と上位人気馬が堅実です。ただ、最近の4年のうち3年は人気薄が突っ込んで連対していますので過信は禁物。後、14年から阪神1600mに移動したことも考慮すると人気馬と人気薄を絡めた馬券購入アプローチが面白いかと。軸をミスエルテにして中穴狙いとか。

オッズのほうでは10倍以下は2回のみ。10倍以上が3回。30倍、50倍がそれぞれ2回。100倍以上が1回。最近の5年だと15倍、15倍、77倍、140倍、5倍と荒れるときは荒れます。

タイプ別だと移動してから追い込み、追い込み、差しと来ています。直線が長い外回りのコースのため差しと追い込みが有利です。実際、昨年のリオンディーズは33.3秒という超高速上がりで勝っています。なので、前走で上位の上がりを見ておきましょう。

ミスエルテ、レッドアンシェルが33.6秒でトップ。次はモンドキャンノが33.7秒。その次がサトノアレス、ビーカーリーで33.8秒となっています。ミスエルテが連勝中で勢いがあり、上がりも速い。軸とした理由はそんな感じですね。リオンディーズ並みの上がりが期待できるかと。

 

重賞レース展望   コメント:0