2016年チャンピオンズカップ(GI) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

チャンピオンズカップ(GI)は外国人騎手が狙い目!

読了までの目安時間:約 2分

 


12月4日、中京競馬場ではチャンピオンズカップが開催されます。チャンピオンズカップはジャパンカップダートが2014年に名称変更されて、距離が1800mのダートとなっています。そのため、2014年前のデータはあまり信用出来ません。そこで去年の今年が重要です。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は1連対。3番人気は3連対。4番人気は1連対。5番人気は2連対。6~9番人気は7連対。10番人気以下は1連対となっており、本命決着はまれです。昨年は12番人気のサンビスタが突っ込んできて勝ちました。人気は低くてもMデムーロ騎手は本当に上手かった。鮮やかな差しきりでした。2着はムーア騎手のノンコノユメです。

オッズの方は10倍以下がなく、10倍以上が4回、30倍が3回、50倍が1回、100倍以上が2回と荒れることが多い。最近の5年では17倍、42倍、48倍、54倍、110倍と高額の中穴が出ています。

さて、1番人気は武豊騎手のアウォーディーです。ですが、怖いのは外人勢。コパノリッキー、ノンコノユメ、ゴールドドリームの3頭は要注意です。荒れやすいレースなので上記の4頭に5~8番人気を絡める中穴狙いがおすすめです。

順当に行けば実績でコパノリッキーが勝つと考えていますが、アウォーディーはダート6連勝中です。この勢いは無視できません。

 

重賞レース展望   コメント:0