2016年天皇賞・秋(GI) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

天皇賞・秋(GI)は中穴決着を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


10月30日、東京競馬場で天皇賞・秋が開催されます。昔は天皇賞・秋といえば府中の二千には魔物が潜むといわれていましたが、最近は1番人気が勝つようになっています。ただ、本命決着は稀なので人気馬を抑えて、中穴辺りが狙い目です。

後、今回の天皇賞・秋の1番人気はエイシンヒカリですが、ここ1年はほぼ海外GIへと遠征していたのでかなり実績を判断するのが難しい。香港カップ、イスパーンといった海外GIを制覇しているのですが、日本と海外では芝もコースも、走りやすさもライバル馬も異なる。なので、競馬新聞ではアンビシャスを推していますが、ルージュバックがいいかと。何故。ルージュがいいかは後で触れます。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対。2番人気は3連対。3番人気は連対なし。4番人気は2連対。5番人気は4連対となっています。1番人気以外の上位の信頼性は低いといったところですね。オッズの方を見ておくと30倍~40倍が4回もあります。最近の5年だと、70倍、32倍、11倍、31倍、73倍と人気馬同士の決着はほぼないです。

さて、有効なデータとして牝馬の連対率が高い。但し、人気が1番、2番人気以内の場合。3番人気以下なら不審。そのため、当日はルージュバックの人気に注意してください。土曜日の前売りだと3番人気です。今の状態なら3番人気は不審なので厳しい。でも、2番人気になれば来る可能性が高まります。もう一つルージュを推す理由は毎日王冠の連対率の高さもあり、そもそもアンビシャスにルージュは毎日王冠で勝っています。後は気になるのがモーリス。モーリスはまだ海外遠征が残っているので天皇賞・秋に全力で仕上げてくる可能性は低いのが少し評価を下げた原因です。

 

重賞レース展望   コメント:0

2強対決を勝つのはディーマジェスティ!?菊花賞(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


10月23日、京都競馬場ではクラシックの最終戦、菊花賞が開催されます。今年の注目馬はダービー2着のサトノダイヤモンド、皐月賞を制覇したディーマジェスティの2頭。しかも、今回の枠はサトノダイヤモンドが2枠、ディーマジェスティが3枠となっており、外枠が不利とかそういったハンデはありません。真の実力が試されます。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番人気は1連対。4番人気は2連対。5番人気は3連対。6番人気以下が6連対となっており、人気馬同士の決着が多いです。

しかも、最近は5番人気以内で決着しているのでサトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、それと人気順に3頭を買えば取れるデータとなっています。しかも、今回は2強対決なので絞りやすい。

オッズの方も最近の5年だと10倍以下が3回、26倍、38倍と本命から中穴止まり。人気上位馬5頭から10倍~50倍ぐらいまでが狙い目です。

さて、ディーマジェスティ、サトノダイヤモンドはまず来るとして、後1頭ですよね。そこで神戸新聞杯の上位馬に注目したいと思います。1着のサトノダイヤモンド、2着のミッキーロケット、3着のレッドエルディストです。後、4着のカフジプリンスを入れておきます。芝2400mに変更された後の連対馬、18頭のうち13頭が神戸新聞杯の上位馬。このデータは利用しないと損ですね。

昨年はキタサンブラックが勝ちましたが、この馬はセントライト記念の勝ち馬。そして、ディーマジェスティも同じくセントライト記念に勝っています。なので、1着はディーマジェスティ。2着はサトノダイヤモンドじゃないでしょうか。どちらも強い馬なので直接対決が楽しみですね。

 

重賞レース展望   コメント:0

秋華賞(GI)はローズSが勝利の鍵

読了までの目安時間:約 2分

 


16日、牝馬3冠の最終戦、秋華賞が京都競馬場で開催されます。今年の秋華賞は桜花賞を制覇したジュエラーが出走しますが、それ以外に目立った活躍の馬がいなく混戦が予想されます。プロ集団である競馬予想会社の出番かもしれません。
しかも、ジュエラーも桜花賞の後、骨折しており、ようやく完治して迎えたローズSは11着という結果。残念ながらそれほど期待できそうな様子ではありません。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は4連対。2番人気は6連対。3番人気は3連対、4番はなしで5番人気が2連対。最近は人気馬決着が多いです。オークス馬がいれば文句なしの軸だったのですが、今回はいません。

オッズの方ですが、最近の5年は連対馬10頭のうち8頭が3番人気以内におさまっており、馬連で31倍、2倍、9倍、6倍、27倍となっています。人気馬堅実のレースですが、その人気馬が今回はほとんどいないという。

オッズも混戦しており、土曜日現在ではビッシュ3倍、ジュエラー4.7倍となっています。ビッシュの成績はオークス3着、前走では紫苑S1着です。ただ、前走のデータで紫苑Sの勝ち馬が連対したのは1頭だけで信用するのは難しい。

そこで今回はもっとも前走で期待出来るローズSの上位グループに絞ります。今回ならクロコスミア、カイザーバル、デンコウアンジュですね。これらの馬で上がりの速い馬がいいですが、この3頭だとそれほど変わりません。

これにジュエラーとビッシュを入れた5頭ですね。この5頭のどれかが連対するのではないか。

タイプ別でも逃げが難しく、後は先行、差し、追い込み馬も来るのでそれほど参考にはなりません。逃げ馬や先行馬はGIでの実績がないと厳しいですが、唯一逃げで勝ったヴィルシーナもわりと強い馬だったので今回のメンバーとは少しレベル差を感じます。

 

重賞レース展望   コメント:0