競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

注目の3強対決 GI2連戦を振り返る

読了までの目安時間:約 2分

 


今年のクラシック戦線は3強対決が熱いわけですが、夏までの3強のクラシック成績を振り返りたいと思います。

■皐月賞はディーマジェスティが制覇
注目の3強クラシック対決の第一弾は皐月賞。1着はディーマジェスティ。2着はマカヒキ。3着はサトノダイヤモンド。リオンディーズは5着となりました。ここに来て思わぬ伏兵のディーマジェスティが制覇したわけですが、3強がこのまま黙っているはずがない。全てはダービー。ダービーで勝った馬こそ、最強を名乗ることができる。

■世紀の大決戦
今年のダービーは超ハイレベル争い。3強だけではなく、ディーマジェスティを筆頭に、京都新聞杯を豪快に差し切ったスマートオーディン、それにトライアルの青葉賞を制したヴァンキッシュランも加わり,世紀の熱戦へ。レースはマカヒキとサトノダイヤモンドに注目が集まります。しかも、その2頭はファンの期待にこたえ、東京競馬場での直線での大決戦。

マカヒキとサトノダイヤモンドがどちらも1歩も譲らず、勝敗の行方は写真判定に。結果はマカヒキがハナ差で勝ちます。3着にはディーマジェスティ。4着エアスピネル、5着はリオンディーズと皐月賞と同じ5頭が上位を制しました。

 

重賞レース回顧   コメント:0