競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

同じ世代に生まれなければ誰もがダービー馬になれる実力

読了までの目安時間:約 2分

 


今年のクラシック戦線は3強と呼ばれる、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズを筆頭に、皐月賞を制したディーマジェスティ、惜しくも皐月賞、ダービー4着のエアスピネルといった実力馬が勢揃い。その力はこの中なら誰もが例年ならダービーが取れる。惜しくも同じ世代に生まれなければ・・・とエアスピネルの武豊騎手が嘆いたほどです。

ですが、運命の悪戯は実力馬を同じ世代へと生まれさせた。その中で栄冠に輝けるのはたった1頭のみです。マカヒキがダービーを制して事実上、最強馬となったわけですが、ハナ差で負けたサトノダイヤモンドが実力で劣っているなんて誰も思っていません。ただ、運が悪かった。そうとしか言いようのないダービー対決でした。

是非とも、このメンバーでクラシック最後の菊花賞を争ってほしいのですが、マカヒキは凱旋門賞へと出走します。そのため、残されたのはサトノダイヤモンド。マカヒキは夢の舞台の制覇へ。菊花賞ではマカヒキに唯一負けたサトノダイヤモンドが勝ち、二頭が再び有馬で対決なんてことを考えるととても楽しみです。秋にはさらなる実力を付けて我々の前に姿を現してくれることでしょう。

 

競馬コラム   コメント:0