2016年 日本ダービー(GI) レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

10年に一度の名勝負が期待される最高の舞台!日本ダービー(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


今年は強い三歳馬が出揃った。その中でも注目なのが4強といわれる馬たち。

皐月賞馬のディーマジェスティ。皐月賞では2着でしたがその実力は引けを取らないマカヒキ。更に皐月賞3着馬のサトノダイヤモンド。そして、皐月賞5着のリオンディーズ。とりあえず2冠を狙うディーマジェスティが大本命といったところですが、実力は拮抗しているのでこのまますんなりダービー制覇は難しいのでないか。名勝負になる予感がします。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は6連対と安心感がありますが、2番人気は1連対のみ。3番人気は4連対、4番人気は1連対とばらけています。最近の4年は5番人気以内で決着しているので、4強対決ならこの4頭のどれかが来る可能性は高いといえます。4強の人気に注目してください。

ただ、07年、08年、10年には人気薄が連対して、大きな万馬券が来ていますので荒れるときは極端なことも。極端な人気薄といえば、3強と呼ばれたロードクエストですね。NHKマイル2着なのにノーマークです。距離が長いからという理由だと思いますが,それでも1つもマークがもらえてないのが逆に不気味です。

次に馬の活躍タイプは差しと追い込みです。東京競馬場は直線が長いため、スタミナだけではなく、馬のスピード、末脚が試されます。前走の最速には注意しましょう。その中で異色なのが京都新聞杯1着だったスマートオーディンですね。上がりタイムは33.8秒。ロードクエストと並んでいます。

また、連対馬14頭が前走3着以内に入っています。前走のGI3着以内と、GⅡ勝ち馬も怖い存在です。スマートオーディンの他にヴァンキッシュランがいますね。

 

重賞レース展望   コメント:0

オークス(GI)は桜花賞とフローラSの上位馬を狙え

読了までの目安時間:約 2分

 


5月22日、東京競馬場では牝馬のクラシック第2戦のオークスが開催されます。ただ、今年の桜花賞馬ジュエラーが骨折して出走できないので3冠馬達成は不可能となっています。

ですが、桜花賞2着馬のシンハライト。3着のアットザシーサイドがいます。1番人気はシンハライトですがオークスの連対馬で重要なのは桜花賞とフローラSです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番、3番人気は3連対となっています。また、連対馬16頭が5番人気以内となっていますが、たまに6番~9番人気が4連対というのがあり、本命決着と思いきや、万馬券ということも。

オッズも10倍前後か万馬券という両極端。過去10年で10倍以下は3回。10倍台は3回。30倍台は1回。100倍台は3回と、本命か,荒れるのかは桜花賞馬の距離適正次第といったところ。シンハライト、アットザシーサイドは大丈夫だと思いますので、今年は荒れない方かと。

また、オークスでは逃げと先行馬は捨ててください。差しと追い込み狙いです。特に差しは12連対であり、最も多いです。直線が長い東京競馬場において先行で勝ちきるのはよほど馬が強くないと難しいと。

では、連対馬の前走の実績ですが、桜花賞とフローラSの上位馬でほぼ決まります。たまに忘れな草賞もありますが、それを入れても、8頭、または9頭ですね。注意したい馬はシンハライト、アットザシーサイドの桜花賞の上位馬。チェッキーノ、アウェイクのフローラSの上位馬。忘れな草賞1着のロッテンマイヤーです。

 

重賞レース展望   コメント:0

ヴィクトリアマイル(GI)は中穴以上が狙い目

読了までの目安時間:約 2分

 


5月15日、東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイルは昨年、3連単で2000万馬券という超高配当となったわけですが、さすがに今年も大荒れになるとは考えていません。でも、本命対抗も怪しいので中穴以上が狙い目ではないかと。では、データを見ていきます。

過去の10年で1番人気は5連対。2番人気は2連対。3番人気は2連対と1番人気以外は信用できません。しかも、10番人気以下は5連対と荒れるときは台風のようなレースです。そのため、極端な人気薄が突っ込んでくることもあるので注意したい。穴はGI実績のある5歳馬です。今回は見当たらないのですが昨年勝っているストレイトガールが気になるところ。でも、7歳ですしね。

次にオッズのほうですが10倍以下での決着は1回だけ。50倍以上は4回。万馬券が2回。最近の4年だと人気薄が連対しています。そのため、55倍、80倍、84倍、368倍となっています。本命はショウナンパンドラ、ミッキークイーン辺りですが、1番人気になるならどちらかを軸にして、人気薄を絡めていく感じです。では、穴傾向をもう少し考えてみます。

まず、1枠と2枠の穴馬に要注意。外枠の穴馬が来ることは稀です。1枠と2枠から連対した6頭は2,3,8,9,11,12番人気となっています。ウインブリメーラ、スマートレイア-、シャルール、ウリウリ辺りでしょうか。本来ならノーマークはスルーでも良さそうですが、このレースだとそうはいきません。

これはデータ的には弱いのですが、近年、京都牝馬Sの勝ち組が来ています。昨年はケイアイエレガントですね。今年はクイーンズリングですが3ヶ月放牧あけというのが気になります。
 
 
プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら

 

重賞レース展望   コメント:0