競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

天皇賞・春(GI)は1番人気はまず来ない!?ゴールドアクターは切るべきか

読了までの目安時間:約 3分

 


5月1日、競馬ファンが待ちに望んでいたGIレース、天皇賞・春が京都競馬場で開催されます。今年もステイヤーが勢揃い。菊花賞馬のキタサンブラック。ゴールドシップの引退レースの有馬で実力を見せたゴールドアクター。2着のサウンズオブアース。昨年の天皇賞・春2着のフェイムゲーム。

また、芝3200mという長距離レースではスタミナがある馬、有利かと思いきや、案外、スピードも問われます。出走メンバーは当然、3200m走れる前提なのでスタミナだけでは勝てないです。では過去のデータを見ていきます。

このレースはとにかく1番人気が不振です。なんと1番人気は1連対。しかも、単勝1.1倍のディープインパクトのみです。つまり、天皇賞・春ではディープ以外の1番人気は全く来ないという。対して2番人気は6連対。3番人気は5連対。4番人気3連対となぜか1番より多い。6番人気以下は5連対となっています。

さて、前日の1番人気はゴールドアクター。つまり、1番人気だと切るほうがデータとしては正しくなります。単勝も4.5倍なので圧倒的に人気というわけでもないですし。オッズも1番人気が来ないので10倍以下はディープの1回のみ。後は60倍や万馬券が2回ずつと荒れる傾向が強くなっています。

タイプ別だと逃げや先行馬がほとんどいなく、差しと追い込みが圧倒的に連対しています。長距離を逃げるのは難しく、先ほど述べたとおり、スピードが問われるのはこのためですね。ポイントは京都や阪神の長距離重賞の実績宇馬です。今年の京都記念で3着のアドマイヤデウス、阪神大賞典で1着のシュヴァルグラン、2着のタンタレグリアなど。

さて、軸としてはゴールドアクターが1番人気ならキタサンブラックでしょうか。こればっかりは当日人気を確認してください。
 
 
プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら!

 

重賞レース展望   コメント:0

マイラーズカップ(GⅡ)はフィエロを軸に

読了までの目安時間:約 2分

 


4月24日、京都競馬場で開催されるマイラーズカップはフィエロの実力が1つ抜けた存在だと考えています。その理由はマイルCS2着。前走の香港マイルでは9着と残念な結果ではありますが、国内のグレードⅡのマイル戦なら早々負けることはないかと。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は4連対。8番人気以下は5連対とわりと伏兵が交じるレース。2015年だとフィエロが3着。しかも、1着のレッドアリオン、2着のサンライズメジャーとは首差であり、その時も1番人気でした。なので、1番人気はあまり信用できない。また、連対馬の20頭中17頭は重賞を連対しています。

後、前走で強いのは中山記念の連対馬で4頭。でも、最近は六甲S組も3頭と頑張っているのでこれらのレースの前走馬は要注意。テイエムイナズマ、ダノンリバティですね。特に1着のダノンリバティはダート、芝、どちらも走れるセンスを持った馬。わりと侮れない存在です。

最近の5年の馬単オッズだと、326倍、20倍、225倍、67倍、1210倍と荒れるときは凄いです。ただ。11年は例外ですね。3連単で百万倍とか付いていたので。馬券購入アプローチとしては中穴から大穴を狙うのがベスト、ですが、フィエロを軸なら中穴止まりになりそう。また、調教でも好反応をキープしているので後はどれだけタイムを出せるかでしょう。

それともう一頭、気になるのがネオスターダム。3連勝中なので勢いがあります。
 

プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら!

 

重賞レース展望   コメント:0

3強を破ったディーマジェスティ 波乱の結果となった皐月賞(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


今年の皐月賞は注目の3強対決ということで一体どの馬が勝つのかと思って観戦していました。しかし、レース当日は生憎の大雨。しかも、強風が吹き付けているという最悪な天候。既にこの時点で一波乱が起きそうなシグナルは出されていたのかもしれません。けれども、多くの競馬ファンは3強対決を信じていました。

それが、まさか、全くのノーマークといっても差し支えないディーマジェスティに敗れるとは・・・。天候が悪い。そう思い込むのは簡単なのですが、実は勝ちタイムがなんと皐月賞レコードなのですよね。タイムは1分59秒9。このタイムを見る限りでは3強が決して手を抜いたわけではなく、むしろ、強風の中、力を出し切っていた。

ちなみに2着はマカヒキ、3着はサトノダイヤモンド。5着はリオンディーズです。ただリオンディーズは審議となり、4着から降着しました。

3歳馬のレベルが高いのは3強だけではなかった。まさかの伏兵に驚かされました。でも、タイムに嘘はないので、ディーマジェスティも素質を秘めた馬だったということになります。今年のクラシックは1戦目から大波乱です。ですが、3強がこのまま終わるはずない。そう、信じています。

プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら!

 

重賞レース回顧   コメント:0