競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

高松宮記念(GI)は阪急杯を好走しているミッキーアイルに期待!

読了までの目安時間:約 2分

 


3月27日、中京競馬上で高松宮記念が開催されます。昨年はエアロヴェロシティが外国産馬で初めて勝利して話題となりましたが、それが続くとは思えません。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は4連対。2番人気は3連対。3番人気は4連対と上位人気馬が強い。最近、数年は荒れて中穴以上になっていますが、元々,人気上位馬が強いレースです。また、新コース変更後のオッズは9倍、4倍、104倍、74倍となっており、不良馬場なら荒れる傾向も。ただ、6番人気以内で決着が多いので、無理して,万馬券は狙いはやめておいた方が良いでしょう。

それと、馬のタイプ別だと先行馬が活躍。ただ、差しも追い込みも同じぐらい決まります。特にスプリントG1馬は先行して粘って勝つことがあり、昨年、スプリンターSを制したスノードラゴンは怖い。勿論,昨年2着のハクサンムーンも調子上げているのでスルーは難しい。それと、前走で阪急杯の上位馬は連対率が高いのでチェックしておきましょう。ミッキーアイルが1着、ブラヴィッシモが3着です。

後、馬の年齢別成績だと5歳馬が多く来ています。なので、人気となっている5歳馬にも注目です。ビッグアーサーがおそらく1番人気だと思いますが、負け越しが続いているのでここらで頑張って欲しいところ。好走に期待しましょう。
 
プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら!

 

重賞レース展望   コメント:0

ロードクエストの真価が問われるスプリングS(GⅡ)

読了までの目安時間:約 2分

 


年が明けたレースで次第にその実力を開花させていく3歳馬。その中で、マカヒキ、リオンディーズ、サトノダイヤモンドが3強といわれるほど。ですが、この3月20日に行われるスプリングSの結果次第では、ロードクエストを入れた4強が結成させるかもしれません。

何しろ3強は不在で他に強い馬もいない。まず、負ける要素が見当たらない。これに勝てないならロードクエストの評価を下げざるを得ないといったところ。では、過去のデータを見ていきます。

スプリングSといえばオルフェーヴル。オルフェーヴルがこのレースに勝って3冠を達成したことはあまりにも有名。そのため、ロードクエストが勝てばそれだけ3冠の期待も高まるというもの。しかも、1番人気は8連対。2番人気は1連対。3番人気は4連対と、圧倒的に1番人気が強いレースです。もちろん、1番人気はロードクエスト。しかも,単勝1.3倍です。このオッズで負ける要素がどこにあるのか。

また、最近のオッズも10倍台でとどまっており、2008年~2010年頃は人気薄が来ていたこともありましたが、最近では5番人気以内の決着となっています。オルフェーヴルが流れを変えたんでしょうか。つまり、10倍前後が狙い目です。

それと、最近の連対馬は前走3着以内となっています。これは20頭のうち17頭なのでかなり高いですね。しかも、GⅢに3着以内に入った馬が3番人気以内なら8連対。軸はロードクエストで良いとおもいますが、ドレッドノータスもデータ通りならまず来ます。他にも前走が好走しているミッキーロケット、マイネルハニー、ハレルヤボーイ、マウントロブソンなどにも要注意です。
 
 
プラス収支を達成した競馬必勝法はこちら!

 

重賞レース展望   コメント:0

マカヒキの実力は本物!?弥生賞を外枠で制す

読了までの目安時間:約 2分

 


弥生賞の過去のデータでは、圧倒的に外枠が不利となっていました。ところが、先週、行われた弥生賞の1着マカヒキと2着のリオンディーズは、それぞれ8枠と7枠です。しかも、どちらの実力も伯仲しており、マカヒキが今回は勝ちましたが、首差なので実質的に次のクラシックではどうなるか全く読めません。他にも、リオンディーズに朝日杯FSで負けたエアスピネルも3着にはいっています。

そして、この結果で今年の3強が出来上がったのではないでしょうか。おそらく、マカヒキ、リオンディーズ、サトノダイヤモンドが3強と呼ばれる気がします。ただ、有力な3歳馬のメジャーエンブレムもいます。けれども、牝馬なので直接対決はないかと。

まさか、マカヒキがここまで走る馬だったとは思いもしませんでしたが、リオンディーズやサトノダイヤモンドの良いライバルになりそうです。

ただ、マカヒキに騎乗したルメール騎手には3戦無敗のサトノダイヤモンドがいます。サトノダイヤモンドが皐月賞に出てくるならどちらにのることになるのか。インタビューではまだわからないと述べていましたが、優秀なので両方の関係者はルメール騎手にお願いしたいでしょうね。

 

競馬コラム   コメント:0