競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

2016年はラブリーデイに期待

読了までの目安時間:約 2分

 


2015年の有馬記念でゴールドシップが引退して何か1つの時代が終わりを告げたような感覚を覚えます。実際、ゴールドシップの全盛期時代はロードカナロア、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナといった世界的にも凄い名馬が走っていました。ですが、競走馬として活躍できる期間は短い。けれども、今年、期待出来ない馬がいないわけではないです。今、注目なのはラブリーデイです。父はキングカメハメハ、母はポップコーンジャズ。

宝塚記念・天皇賞・秋を制覇。ジャパンカップは3着。有馬記念は5着に終わりましたが、実績、ポテンシャルは相当秘めているかと。ロードカナロアに並ぶほどかはまだわかりませんが、キングカメハメハの代表産駒に成長したといっても良いでしょう。

何より、キングカメハメハ産駒には珍しい上がりの速さがあります。パワータイプの産駒が多い中、この上がりの速さは素晴らしい武器かと。天皇賞・秋でもこの上がりの速さが光りましたが、有馬記念だとその速さが活かせなかった。

次走は阪神大賞典を出て、天皇賞・春といったところでしょうか。昨年は8着だったので、今年こそ勝利して、春・秋、両制覇を成し遂げて欲しいですね。

 

競馬コラム   コメント:0