競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

ラキシスとヌーヴォレコルト エリザベス女王杯(GI)で再び対決!

読了までの目安時間:約 2分

 


2015年、今年のエリザベス女王杯は再び女王の座をかけてラキシスとヌーヴォレコルトによる対決となりました。昨年はラキシスが1着、ヌーヴォレコルトは2着という結果でしたが、一回り逞しく成長したヌーヴォレコルトは単勝2.6倍で1番人気(前日)となっています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気、2番人気がそれぞれ5連対。連対馬15頭が5番人気以内という人気馬同士の決着が多いです。2009年以外は1,2番人気がどちらかが連対しているので、ヌーヴォレコルトが1着、または2着になる可能性は高いといえます。2番人気はラキシス、僅差でルージュバックとなっていますが、ルージュはオークス2着の実績があるので侮れません。ただ、どちらも優秀なので敢えて外すのは難しいですね。

最近の5年での馬連オッズは、14倍、7倍、17倍。27倍、9倍となっています。これには芝状態が結構関係しているようで。良馬場では人気馬同士の決着。重馬場なら6,7番人気辺りの逃げ馬に注意です。因みに明日の京都の天気は降水確率50%となっており、雨で芝が濡れている恐れがあります。また、前年に好走した馬が勝つことが多いので、その理由からでもラキシス、ヌーヴォレコルトは要注意です。

後、先行や差しタイプの三歳馬の活躍も光るのでタッチングスピーチ、ルージュバックといった3歳馬も怖い存在。穴は長距離実績がある逃げ馬です。もっとも、09年のブエナビスタのような展開は早々起きないでしょうが。

 

重賞レース展望   コメント:0