競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

アクティブミノルがセントウルステークス大金星!

読了までの目安時間:約 2分

 


先週、スプリンターズステークスの前哨戦といわれる「セントウルステークス」が開催され、なんと10番人気のアクティブミノルが勝ちました。この様子をテレビ中継で視聴していたのですが、まさかの展開に唖然としました。開幕芝ということで逃げ馬・先行馬が有利なのは知っていました。つまり、スタートした瞬間、勝負は決まっていたことになります。

アクティブミノルが好スタートを切った時、思わず新聞を見返してしまい、マークがほとんど付いていないのを確認。でも、この時点で嫌な予感はしていました。芝1200mという短い距離。前は止まらないというデータもあったので、ああ、このまま行きそうだと。

普通に人気馬同士の決着だと予想していたので、直線で全く末脚が衰えないアクティブミノルには驚かされました。ただ、次もこの馬が来るとはあまり思えないんですよね。一発屋のような気がしています。これでスプリンターズステークスに出走して、1番人気になるとも、勝てるビジョンも見当たりません。しかし、同距離なので穴として来る可能性は残されています。思わぬ結果となってしまいましたが、これはこれで楽しみではないでしょうか。

 

競馬コラム   コメント:0

逃げ・先行馬を狙え セントウルステークス(GⅡ)

読了までの目安時間:約 2分

 


サマースプリントシリーズの最終戦。秋のスプリンターステークスの前哨戦ともなるセントウルステークス。今回の必勝は開幕馬場。逃げ・先行馬を狙えです。では、過去のデータを見ていきます。

芝1200m、開幕馬場なら芝の状態は良好。そのため、前が止まりません。逃げは3連対。先行は14連対と圧倒的。そのため、今回はストレイトガール、ハクサンムーン、リトルゲルダの3頭が怖い存在。リトルゲルダは最近、勝利はないですが昨年の勝利馬ですから侮れません。

それと人気の方が最近は上位人気馬が活躍しており、5番人気以内でほぼ決着がついています。最近の6年の連対馬12頭のうち11頭は5番人気以内です。そのためオッズの方も中穴止まり。最近の5年では37倍、47倍、16倍、2倍、11倍とほとんど荒れていません。馬券アプローチとしては本命を抑えながら中穴狙いといったところでしょうか。

今回はヴィクトリアマイルを制したストレイトガール。高松宮杯2着のハクサンムーンというG1級の馬が二頭いるので、よほどのことがない限り、上位人気陣は崩れないかと。個人的にはリトルゲルダがどこまで食い込めるかに注目しています。

最後に斥量についてですが、今回は1番重くて56キロです。58キロを背負って2着だったロードカナロアのような化け物馬もいないので、実力と実績通りの結果になりそうです。

 

重賞レース展望   コメント:0

小倉2歳ステークス(GⅢ)は逃げ・先行馬を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


9月6日、小倉の2歳王者を決める、小倉2歳ステークスが開催されます。昨年は15番人気のオーミアリスが大外から一気に突っ込んで差し切り勝ちでしたが、このレースは追い込み馬が不審なレースです。実際に良く勝っているのは人気の逃げ馬・先行馬。では、過去のデータを見ていきましょう。

1番人気は4連対、2番人気6連対と上位人気馬が堅実。連対馬16頭が5番人気以内となっており、残り4頭がそれ以外。実際、昨年にオーミアリスが追い込んで来なければ、かなり信頼出来るデータとなっていました。

次にオッズですが、基本的に中穴決着が多いです。最近の5年では、7倍、5倍、35倍、7倍、216倍となっており、昨年がイレギュラーな展開だったのか良くわかります。人気馬同士を抑えて、倍率数十倍を狙うといった馬券アプローチも。もう1つ面白いデータとして牝馬の活躍が目立つレースです。人気の牝馬には要注意ですね。

後、単勝の勝率ですが、1倍、2倍台は1回も勝っていません。3.0倍~9.9倍ぐらいまでが1着になっています。昨年だけ100倍台でしたが、さすがに無視でいいかと。そういった意味では、レッドラウダ、レッドカーペット、コウエイテンマは9倍台。人気的にも5番以内なら連対は大いに期待出来るでしょう。

 

重賞レース展望   コメント:0