競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

皐月賞馬のドゥラメンテを軸に!日本ダービー(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


5月31日、競馬ファンがもっとも着目するGI、日本ダービーが開催されます。なんといっても注目なのが皐月賞を制覇したドゥラメンテ。ダービーに勝って三冠に王手をかけるのか。それとも、皐月賞2着のリアルスティールが雪辱を晴らすのか。では、過去のデータを見ていきます。

予想1番人気連対悪率は78%と高く、5番人気以内が良く来ています。そのため、今回も人気通りの堅実なレースになる可能性が高いのですが、たまに極端な人気薄が連対して、万馬券になることも。07年、08年、10年はまさに人気薄による万馬券で大いに盛りあがりました。

ただ、11年以降は中穴止まりなので、ダービーではあまり冒険はしないほうが良さそうです。人気馬に人気薄を絡めて、中穴以上を狙うのが面白いかと。

後、ダービーでは差し、追い込み馬が活躍しています。東京の直線は長いので最後まで勝敗はわかりません。前走の重賞で最速上がりで勝った馬などは注目でしょう。では、予想に入ります。

1着はドゥラメンテ。もし、1番人気になってなければ推しませんでしたが、どうやら調教情報でも調子が良いみたいです。

2着はリアルスティール。そして、3着はキタサンブラックです。

 

重賞レース展望   コメント:0

オークス(GI)は10倍前後か、はたまた万馬券か

読了までの目安時間:約 2分

 


5月24日、東京競馬場で開催されるオークスは牝馬クラシック第二弾として注目されています。さらに桜花賞を制覇したレッツゴードンキが勝てば2冠となり、三冠に大手をかけることになりますが、ライバル馬が勢揃いしていますので人気は分かれています。では、過去のデータを見ていきます。

まず、桜花賞組が活躍しています。最近の7年では上位21頭のうち14頭は桜花賞組です。しかも、14頭から9頭は桜花賞で連対しています。そのため、このレースでは前走の桜花賞の出走と着順に注目です。レッツゴードンキ、クルミナル、コンテッサトゥーレは人気があるなら買いでしょう。後は距離適正です。桜花賞連対馬でも距離が合ってなければ来ません。

また、オークスはわりと極端です。10倍台で収まるか。それとも万馬券になるか。これは差しと追い込み馬が圧倒的に有利なためですね。人気薄が最後に突っ込んで来て万馬券といったことがよくありました。逃げと先行馬はほとんど来ていませんのでこの際、無視しても良いでしょう。

順位予想はレッツゴードンキ、クルミナル、ルージュバックです。穴としてはディアマイダーリン、シングウィズジョイです。どちらもフローラS上位馬です。

 

重賞レース展望   コメント:0

ヌーヴォレコルトを軸に!ヴィクトリアマイル(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


昨年、11番人気で不調続きだったヴィルシーナがまさかの先行逃げ切りで勝ったヴィクトリアマイル。

このように逃げ馬には要注意ですが、今回のヴィクトリアマイルにはあのオークス馬であるヌーヴォレコルトが参戦。実績でいえば断トツでありますが、メイショウマンボ、スマートレイアーといったダークホースも健在。さらにスプリンター2着のストレイトガール、秋華賞馬であるショウナンパンドラといった強豪もいますので、中々、一筋縄で行きそうにありません。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対とわりと勝っていますが、2着、3着となると怪しくなります。しかも、6番人気、10番人気以下の連対も多いため、本命決着は稀です。馬券アプローチとしてはヌーヴォレコルトから流すのも面白いかと。10番人気以下が突っ込んでくれば、万馬券になる可能性も。ただ、馬連をみると最近は85倍台ぐらいなので、数百倍台は蹴ってもいいかもしれません。予想に入ります。

1着はヌーヴォレコルト。前走は中山記念1着。その輝かしい成績は上位の連続。

2着はスマートレイアー。昨年は駄目でしたが、走ったことある実績が怖い。

3着はメイショウマンボです。

 

重賞レース展望   コメント:0