競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

たった100円が100万円に化ける!?「DERBY KING」

読了までの目安時間:約 3分

 


皆さんは会員制の高級クラブはご存じでしょうか。普通のクラブとは違い、知れ渡った友人同士の憩い場を限定的に提供する。そこで提供される居心地の良い空間であり、それは限定された会員によってのみ培われる雰囲気です。

このような高級クラブに入るのは難しいのですが、それは何もクラブだけではなく、競馬予想会社でもそうです。ですが、今だけ「完全非公開サイト」に入れるとしたらどうでしょう。興味ありますよね。今回紹介するのは国家権力者などの一部の限られた人間だけが集まる「DERBY KING」です。競馬ブームの煽りを受けて、完全非公開サイトにもかかわらず、一般会員を期間限定で募集しています。

■DERBY KINGの特徴
DERBY KINGの特徴は、圧倒的な取材力、徹底されたデータ分析、そして、その二つを融合して可能な徹底されたデータ分析です。この3つの特徴はどれ一つ欠けても意味がありません。

競馬は馬が走りますが、多くの関係者の思惑が絡みます。宿舎の人間がどのように感じているかを取材して真の情報を得る。そして、過去20年以上の膨大なレースデータを分析し、独自のロジックで高い的中率を導き出す。さらに真の情報と独自ロジックを融合させて、専属顧問によるレースの因果関係を導きだします。

■最近の実績
5月25日に行われた新潟11Rは三連単で14,000円。同日の新潟2レースも三連単で204,890円と高配当を的中させています。さらに同日の京都の9レースでも三連単で130,580円です。

■口コミ
口コミでは過去はいくらか的中させていたが、今は全く駄目というコメントや、無料情報はわりと信頼できるが、有料情報は当たらないなどといった書き込みが目立ちます。

■個人的な評価
個人的にはこの手の会員限定、非公開サイトなのに一般会員募集というのはあまり信用できません。

 

競馬必勝法としての期待度(C)

 

競馬予想会社解説   コメント:0

女性だから思わず本音もポロリ「ターフエンジェル」

読了までの目安時間:約 2分

 


一般的に野球やサッカー選手などのスポーツ選手のインタビューでは、女性記者が選手に試合への意気込みや調子など尋ねる姿を頻繁にテレビで見かけます。しかも、選手と仲良くなった女子アナは、思わず極秘情報を手に入れることだってあるようです。

また、この手の話は様々な業界にあり、可愛い女性に弱い男性心理を上手くついた作戦の一つとして知られています。もちろん、競馬関係者にも効果覿面です。特に競馬は男性社会と言われております。最近は女性でも競馬する人は増えていますが、それでもほとんどは男性です。

競馬関係者に男性が多いなら、取材やインタビューは女性のほうが受けは良いわけです。そういった意味で女性だから思わず本音で語ってしまう。ここだけの裏情報を教えてくれる競馬関係者もいるようで・・・・・・今回の競馬予想会社「ターフエンジェル」は女性ならではの情報網を特徴としています。

■女性相手だから漏らしてくれる的中情報
ガードが堅いおじさんでも可愛い女性から尋ねられたら思わず色々と喋ってしまう。秘密にしておきたい情報でも上手く聞き出されるとついつい調子良くバラしてしまう。可愛くて実力がある女の子がターフエンジェルには揃っています。

■最近の的中実績
5月25日の京都7Rを三連単で127,290円。同日の東京7レース、こちらも三連単で34.310円の的中。24日の新潟7レースは三連単で28,960円となっています。

■口コミ
ネットでの口コミを調べてみますと評判はかなり悪いです。女性だから安心できるサポートという言葉に騙されたなどといったコメントを見かけます。

■個人的な評価
個人的には未だにサイトがガラケー対応レベルなのがお粗末。数万払って情報を聞くなら,キャバクラで遊んだ方がずっと楽しめますね。

 

競馬必勝法としての期待度(C)

 

競馬予想会社解説   コメント:0

必勝は業界No.1の情報網「シンクタンク」

読了までの目安時間:約 3分

 


競馬で勝つために必要な情報。それは、馬の本当の状態を知ることではないでしょうか。

テレビや競馬新聞の取材では、例え馬の調子が悪いことを知っていても、調教コメントが人気に響くため、はっきりとまだ調子が悪いとは言えません。そのため、一般の情報ルートでは馬の本調子を知るのは難しいです。

これは、出走前のタイムや重量からある程度、馬の調子は予想できるとはいえ、完全とはほど遠いです。しかし、業界関係者なら、馬の本当の調子を知っているわけですから、後はその情報をどうやって手に入れるかです。今回紹介する競馬予想会社「シンクタンク」は業界No.1の人脈・情報網を特徴としています。

■業界No.1の人脈・情報網
シンクタンクは主に5人の関係者から成り立っています。現役騎手のアドバイザーである安田富男(元騎手)をはじめ、境征勝(元調教師)、増沢末夫(元調教師)、平井雄二(元調教師)、中野渡清一(元調教師)といったメンバーです。

これを見てわかるとおり、元騎手、元調教師といった業界に深く関わっていたメンバーが揃うことで、東西トレセンの旬の情報がいち早く手に入れることが可能です。もちろん、元騎手、元調教師なら情報分析も的確。様々な交友関係からレースの勝敗に関わる情報を手に入れることで、買い目情報の的中率を高めます。

■的中実績
ステイヤーズSでは2万9950円。金鯱賞では5万8490円。阪神ジュベナイルでは4万2130円となっています。

■口コミ
口コミでの評判はかなり悪いです。当たらないといったコメントが大半を占めており、過去に一度も不利益を出していないキャンペーンに参加したけど当たらなかったとまであります。

■個人的な評価
個人的には5人以外の名前は教えられないが、大物関係者ばかりといった内容は信用できません。

 

競馬必勝法としての期待度(C)

 

競馬予想会社解説   コメント:0