競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬予想会社で【毎月8~10万円】稼ぐ必勝法

徹底したアナログ至上主義「馬券救済結社 神馬」

読了までの目安時間:約 3分

 


推理ドラマやサスペンスを視聴していると良くあるシチュエーションとして、大切なのは事件現場を何度も調査すること。しかし、今日のインターネット社会ではこのような方法はアナログ的だと馬鹿にされがちです。

犯罪心理学や統計を駆使したプロファイリングなどで犯人像を掴んでいく方法などが近年は増えているのですが、それは犯罪捜査だけではありません。競馬予想会社でも徹底したデータ主義の傾向が強く見られます。

過去のデータから洗い出したレース情報。的中率。馬券の的中に関するあらゆる情報を分析。このようなデータ重視手法は確かに説得力があります。

しかし、データ主義は確かに確率という世界ではそのようになるかもしれませんが、自分が勝負したレースが確率通りに事が運ぶほど甘くありません。買った馬が出遅れて怒った人も多いでしょう。実は、データより重要なのは自身の目で確かめることかもしれません。そこで、今回は徹底したアナログ至上主義を取っている競馬予想会社「馬券救済結社 神馬」を紹介します。

電話するぐらいなら自ら足を運ぶ。取材対象(馬)と向き合い、口や鼻孔を探る。まさに昔の刑事ドラマそっくりの足を使った方法を創業以来行っているのが特徴です。

最新の的中実績では2014年1月26日の京都6レースの3連単44,060円、1月18日の中山10レースの3連単53,460円となっています。

ネットでの口コミだと詐欺とは言えないまでも悪質であるというコメントが見受けられます。会員登録は無料ですが、無料モニターになっても軸馬やレース情報ぐらいしか提供されないようで、買い目は知りたければポイントを消費する必要があります。

個人的にはサイトの的中実績の更新が2ヶ月前で止まっているところが疑わしいです。信用性はかなり低いかと。

競馬必勝法としての期待度(D)

 

競馬予想会社解説   コメント:0