2017年チャンピオンズカップ(G1)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

チャンピオンズカップ(G1)サウンドトゥルーの連覇で決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


12月3日、中京競馬場でチャンピオンズカップが開催されます。昨年を少し振り返ると、前走JBCクラシック3着で重賞、僅か1勝だったサウンドトゥルーが豪快に差しきり勝ちました。しかも、そのサウンドトゥルーの連覇をかけて出走しています。さらに前走のJBCクラシックも1着と昨年よりも圧倒的な実績。2連覇は余裕であり得そうです。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は1連対。3番人気は3連対。4番人気が1連対。5番人気が2連対です。上位人気馬が信用できるのは6割程度ですね。6番~9番人気が7連対。10番人気以下が1連対です。レベルの高いレースだと思うのですが、人気馬はあまり信用できませんね。

過去のオッズを見ておくと10倍以下が0回。10倍以上が4回。30倍以上が3回。50倍以上が1回。100倍以上が2回となっています。今回なら、サウンドトゥルーを軸にして6番~9番人気辺りを絡めて中穴以上を狙うのが面白そうです。人気馬同士の決着はないので、軸を決めたら後は人気薄を探しましょう。

また、馬のタイプ別の傾向としては差しが良く決まっています。昨年もそうでしたが、逃げ馬は不振。先行よりも差しや追い込みですね。後、連対馬の20頭のうち16頭が前走4着以内です。4着以下はほぼ無視していいかと。

 

タグ : 

重賞レース展望   コメント:0

事実上、日本最強馬を決めるジャパンカップ(GI)

読了までの目安時間:約 3分

 


11月26日、日本最大の国際レース「ジャパンカップ」は事実上、日本最強馬を決めるといっても過言では最強の現役馬が集結しました。そして、現時点で最強といえる「キタサンブラック」を迎え撃つのは一体どの馬か。

今年のダービー馬のレイデオロか、それとも、宝塚記念制覇して、天皇賞・秋でキタサンだけに負けてリベンジを狙うサトノクラウンか。阪神JF、オークスを制覇した若き女王のソウルスターリング、凱旋門賞に挑戦して無念の惨敗から復活をもくろむマカヒキなどが勢揃い。しかも、おそらくこの豪華メンバーのレースが見られるのは最後になるので刮目したいと思います。では、過去のレースを振り返ります。

1番人気は6連対。2番と3番人気はそれぞれ2連対ずつ。4番人気は4連対。5番人気は2連対となっています。6番~9番人気は4連対。10番人気以下はなし。上位人気馬が活躍していますが、1番人気以外の信用度は低い。しかも、1番人気と2番人気が同時に来るという展開はありません。

過去のオッズだと、10倍以下が2回。10倍以上が1回。20倍以上が3回。30倍以上が2回。50倍以上が1回。100倍以上が1回となっています。最近の5年だと、馬連で7倍、25倍、41倍、101倍、25倍です。実績馬が揃うのに本命はほとんどなし。20倍以上が狙い目ですね。馬券購入アプローチとしては人気馬を絡めて9番人気までで、20倍~30倍前後の中穴狙いでしょうか。

馬のタイプ別だと先行、差し馬、追い込みが有利です。最近の傾向だと前にいないと負けることが多いですね。差し、追い込みでも6番手ぐらい辺りで直線に入りたい。東京競馬場なので直線は長い。でも、最後尾から追い込みが届くほどライバル馬は待ってくれないかと。

先ほど、上に上げた4頭ならどれでも軸になりそうですが、前日の1番人気はキタサンブラックの2.2倍です。

 

重賞レース展望   コメント:0

マイルCS(GI)は人気上位馬と内枠馬を狙え!

読了までの目安時間:約 2分

 


11月19日、京都競馬場では秋のマイル王者決定戦「マイルCS」が開催されます。1番人気はエアスピネルなのですが、マイルCSは内枠有利というデータがあります。では、連対情報を見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番人気は3連対。4番人気は4連対。5番人気は1連対となっています。連対馬の16頭が5番人気以内ということで上位人気馬が狙い目。6番~9番人気以下は1連対。10番人気以下は3連対となります。たまに大波乱がありますが近年は上位人気馬が強い。これはオッズでもわかります。

過去のオッズだと10倍以下が1回。10倍以上が4回。20倍、30倍、50倍以上が1回ずつ。100倍以上が2回です。2009年~2011年は大きく荒れましたが、ここ最近は中穴止まり。30倍台までに収まっています。

馬のタイプ別だと差し、追い込み馬が活躍。さらに、1~5枠が必ず連帯中という。今回なら3枠のサトノアラジン。2枠のサングレーザー。4枠のレッドファルクスといったところ。エアスピネル、イスラボニータは6枠というのは少しずれているんですよね。この2頭が怖い存在なのは確かですが、内枠有利ということで勝つのはレッドファルクスかと。前走でスプリンターSを制覇していますし、スピードは十分でしょう。

後、気になるのは4連勝中のサングレーザーですね。人気はかなりあるのですが、競馬新聞ではほぼノーマークという。でも、勢いも重要ですよね。勢いがある馬は強い。内枠なので要注意かと。

 

重賞レース展望   コメント:0