2017年有馬記念 レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

キタサンブラックVSシュヴァルグラン キタサンが雪辱を果たすのか

読了までの目安時間:約 2分

 


12月24日、クリスマス・イブですが、中山競馬場では2017年、最後のGIである有馬記念が開催されます。しかも、今年の最後を締めくくるには最高ともいえるライバル馬同士の激突です。現役最強馬といわれるキタサンブラック。そのキタサンをジャパンカップで倒したシュヴァルグラン。この2頭が再び、この有馬で激突します。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は3連対。3番人気はなし。4番と5番人気はそれぞれ2連対ずつ。1番人気は信用できそうですが、最近は波乱傾向も見られるので荒れるか、荒れないかは両極端。でも、キタサンとシュヴァルの対決なら本命というのもあり得そうですね。

ちなみにジャパンカップを勝って、有馬記念を制覇した馬はほとんどいません。そういう意味でシュヴァルグランは勝てないかもしれませんね。しかも、キタサンブラックは去年、サトノダイヤモンドにクビ差で負けているのでなんとしてでも有馬を勝ちたいかと。

過去のオッズは10倍以が4回。30倍以上が2回。50倍以上が1回。100倍以上が3回となっています。本命か。大きな中穴以上といったところ。

馬のタイプ別だと先行馬か追い込み場が有利。最近はスローペースが多く、先行馬が勝っています。前日の1番人気はやはり、キタサンブラック。1.7倍です。世間的にはキタサン有利といったところです。ただ、シュヴァルグランも手強い相手なので名勝負が再び見られそうですね。

 

重賞レース展望   コメント:0

人気薄が激走しやすい朝日杯FS(GI)

読了までの目安時間:約 2分

 


12月17日、阪神競馬場で開催される朝日杯FSは2歳王者決定戦です。昨年は6番人気で2連勝中のサトノアレスが外から差しきって勝ちました。レースの傾向としては人気薄の激走が多いために荒れやすくなっています。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番人気は1連対。4番人気は3連対。5番人気は2連対。6番から9番人気は4連対。10番人気以下は2連対。このように波乱傾向が多く、さらに最近の5年だと、4年で6番人気以下が連対しているので注意です。今回、競馬新聞を読むと堅いレースのように見えるのですが、過去のデータとは異なっています。

過去のオッズは10倍以下が2回、10倍以上が3回。30倍以上が1回。50倍以上が3回。100倍以上が1回となっています。50倍戦後の中穴が多いということで、馬券購入アプローチとしては、人気馬と人気薄を絡めた中穴狙いという感じでしょうか。

馬のタイプ別だと差しと追い込みが活躍しています。直線が長い外回りコースなので上がりに注意。特に前走3番人気以内。最速上がりで勝った馬は人気薄でも来る可能性があります。

そこで上がりを見ておくと、タワーオブロンドンが33.2秒。ステルヴィオが33.5秒。カシアスが33.8秒。アサクサゲンキが34.1秒。ダノンスマッシュが34.2秒となっています。1番人気はディープ産駒のダノンプレミアム。素質はかなり高いと思うのですが、まだ2歳ですしね。タワーオブロンドンとどちらが速いか。注目したいと思います。

 

重賞レース展望   コメント:0

阪神JF(GI)はロックディスタウンを軸に!

読了までの目安時間:約 2分

 


12月10日、2歳女王決定戦である「阪神JF」が阪神競馬場で開催されます。2歳牝馬ということでかなり予想が難しいレース。でも、今回もルメール騎手に任せればいいかと。なので、ロックディスタウンですね。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対。2番人気は3連対。3番と4番人気はそれぞれ2連対ずつ。5番人気g4連対となっており、人気馬同士が堅実となっています。6番~9番人気は2連対。10番人気以下も2連対。最近もほとんど荒れてないので荒れて中穴ですね。

過去のオッズだと、10倍以下が1回。10倍以上が3回。20倍と30倍以上がそれぞれ2回ずつ。50倍以上が1回。100倍以上が1回です。最近4年の馬連だと、12倍、22倍、35倍、5倍となっています。本命は稀ですが10倍~20倍ぐらいの中穴狙いが良さそうですね。

馬のタイプ別だと、阪神競馬場は直線の長い外回りコースなので差し、追い込みが活躍しています。たまに先行はきますが、狙うなら末脚に威力がある差し、または追い込み馬ですね。ただ、この時期は実力以上の強さはほとんど見れなく、急に化けたりするので、実績だけで判断するのは難しい。そこで外国人騎手、ルメールさんが頼りです。でも、差し、追い込みが決まりやすいということは上がりの速さも問われます。

最後に上がりの速さに注目しておくと、マウレアが33.5秒。トーアンセンバーが33.7秒。ノーブルアースが33.9秒。マドモアゼルが34.3秒。ソシルアクラブが34.4秒です。そういう意味ではロックディスタウンは上がりはそれほど速くない。でも、ルメール騎手ならなんとかしてくれるでしょう。

 

重賞レース展望   コメント:0

1 2 3 56