2017年ユニコーンS(Ⅲ)レース展望

競馬必勝法【プラス収支】研究室

ユニコーンS(Ⅲ)は上位人気馬が堅実!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月18日、東京競馬場ではユニコーンSが開催されます。昨年は2番人気のゴールドドリームが先行で抜け出しての勝利で重賞初制覇を飾りました。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は8連対。2番人気は6連対。3番人気は4連対。4番人気は1連対とほぼ上位人気馬が堅いレース。今回も本命狙いで良いでしょう。

オッズのほうは10倍以下が8回。50倍が2回となっています。ほとんど荒れませんが荒れると50倍以上という。1番人気を軸にして10倍以下が狙い目ですね。

馬のタイプ別だと先行と追い込み馬が活躍しています。差しと逃げは不振ですね。馬の最速上がりにも要注意でしょう。

土曜日現在の1番人気はリエノテソーロが2.3倍。2番人気はアンティノウスで6.9倍。3番人気はサンライズソアで7.4倍となっています。以下、サンライズノヴァ、サヴィとなっていて1番人気はかなり堅そうですね。

このリエノテソーロは前走、NHKマイル2着。上がりも34秒の最速。軸にしても良さそうです。次に上がりが速いのはラユロットの35.2秒。ハルクンノテソーロが35.4秒。サンライズノヴァが35.6秒となっています。

後、連対馬の傾向としては前走のダートで勝った馬がそのまま連対しています。リエノテソーロは勝ってないですが、NHKマイル2着なら大丈夫かと。

 

重賞レース展望   コメント:0

エプソムカップ(GⅢ)は上位人気馬で決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月11日、東京競馬場で開催されるエプソムカップ。昨年は前年のオークス2着馬のルージュバックの圧勝でした。大外からの豪快の差しきりは見事でしたね。では、過去のデータを見ていきます。

1番人気は7連対。2番人気は5連対。3番人気は3連対。4番人気は3連対。5番人気は1連対と上位人気馬が強いです。なんと20頭のうち19頭が上位5着までということで、このレースは中穴止まりになる可能性が高いといえます。

オッズの方も上位人気馬が強いので10倍以下が4回、10倍以上は3回、20倍以上が3回のみ。あとはありません。馬券購入アプローチとして1番人気を絡めて20倍前後といったところですね。20前後ならわりと絞れるのではないでしょうか。

馬のタイプ別だと逃げは不振。先行が1番多い。その次に差しと追い込みです。道中5番ぐらいにいる先行馬が狙い目です。後、エプソムカップでは牝馬はあまり活躍していません。昨年のルージュバックは稀な展開でした。なら、ヴィクトリアマイル2着のデンコウアンジュはどうなのか。上がりが速いので注意は必要かと。

土曜日の1番人気はアストラエンブレム。2番人気はデンコウアンジュ。3番はタイセイサミット。4番人気がマイネルハニー、5番人気がクラリティスカイとなっています。

上位人気馬が強いのでこの5頭の組み合わせで20倍前後辺りを探してみるのが面白いかと。

 

重賞レース展望   コメント:0

安田記念(GI)はルメール騎手とイスラボニータで決まり!

読了までの目安時間:約 2分

 


6月4日、東京競馬場で開催される安田記念は春のマイル王決定戦です。そして、なんとルメール騎手のGI連続4連覇がかかっています。しかも、騎乗はイスラボニータということでこれは期待してもいいかと。それでは過去のデータを見ていきます。

1番人気は5連対、2番人気は4連対、3番人気は3連対、4番人気はなし、5番人気は2連対となっています。ただ、6番~9番人気は4連対。10番人気以下は2連対と人気薄もわりときているので要注意です。

オッズは10倍以下が1回、10倍以上が2回、20倍以上が1回、30倍以上が2回、50倍以上が1回、100倍以上が3回と中穴~大穴の決着がほとんど。馬券購入アプローチとしては人気馬に人気薄を絡めていくと面白いかと。

馬のタイプだと逃げ馬不振で差し、追い込み馬が活躍しています。マイルなので馬の末脚が試されます。後、外国馬はほとんど来てないので無視でいいかと。

芝1600mのレースなのですが、東京開催ということで直線が長い。わりとスタミナも要求されるかと。そういった理由から2000mに強い馬が有利ともいえます。そこで大阪杯の2着のステファノスは注意。

穴としては前走で負けているマイル実績馬。アンビシャス、ブラックスピネル、ロゴタイプ辺りでしょうか。イスラボニータを軸でマイル実績がある馬の組み合わせということですね。

 

重賞レース展望   コメント:0

1 2 3 47