2017年天皇賞・春(GI)レース回顧

競馬必勝法【プラス収支】研究室

国内に敵なし キタサンブラックが天皇賞・春(GI)を連覇!

読了までの目安時間:約 2分

 


天皇賞・春には1番人気が全く勝てないというお約束がありました。これは過去のデータでも明らかな通りです。なので4月30日の天皇賞・春もキタサンブラック、またはサトノダイヤモンドのどちらかが1番人気となれば来ないことになってしまう。ですが、そんな懸念をキタサンブラックはレースレコードを出して打ち破りました。では、レースを振り返ります。

スタートはまずまず。鼻を切ったのはヤマカツライデンです。ヤマカツライデンが序盤から一気に逃げの勝負に出ます。ですが、3200mの長距離を逃げるのは相当厳しい。2番手はキタサンブラック。

ヤマカツライデンを追おうとはせずに2番手でも後続手段からはほとんど離れていません。中団にはサトノダイヤモンドやシュヴァルグランがいます。ヤマカツライデンが逃げたことでわりとハイペースになりましたが、ヤマカツライデンは中盤以降に捕まり始めます。そして、ゴールまで残りが直線となった頃、いよいよサトノダイヤモンドが動きます。先頭はキタサンブラックです。

直線ではキタサンブラックが抜け出します。速い。スタミナは持つのかという心配をよそに後続が全然追いつけない。ここでシュヴァルグランやサトノダイヤモンドもようやく追い込んでくる。しかし、キタサンブラックは止まらない。そのままゴールして天皇賞・春を連覇しました。武豊騎手はなんと天皇賞・春は8回目の勝利だそうです。

 

重賞レース回顧   コメント:0

皐月賞(GI)1着はアルアイン!このままダービーも連覇だ

読了までの目安時間:約 2分

 


先日、中山競馬場で開催された皐月賞は9番人気のアルアインがまさかのレースレコードVということになりました。2着は4番人気のペルシアンナイト。3着は12番人気のダンビュライトということでかなり大荒れですね。

アルアインとペルシアンナイトは前走の3Fのタイムがわりと良かったので買えないこともないのですが、ダンビュライトはノーマークでした。1番人気のファンディーナは7着、2番人気のスワーヴリチャードは6着と惨敗です。

でも、これはアルアインが特別速かったと言うことだと思います。潜在能力をこの春に開花させたのかもしれませんね。これで次はダービーと言うことで2冠馬となれるのか。注目したいと思います。

レースを少し振り返ると直線でのアルアインとペルシアンナイトの攻防戦となりましたが、ペルシアンナイトもこのまま行けばレースレコード狙えたわけですから、アルアインは良くクビ差で勝てたということですね。今回はアルアインが勝ちましたがペルシアンナイトとの実力差はほとんどないかと。

後はファンディーナですね。牝馬なのに1番人気だったわけですが、ファンの期待が大きくてプレッシャーに飲まれたかもしれません。

 

重賞レース回顧   コメント:0

やっぱり強かったキタサンブラック!大阪杯(GI)を完勝

読了までの目安時間:約 2分

 


先日、開催された大阪杯はGI昇格ということで近年以上の盛り上がりを見せました。しかも、GIが増えれば武豊騎手の全てのGI制覇という夢がまた遠のいてしまう。ところが、キタサンブラックで武豊騎手は新しいGIを一気にダッシュしてまたGI制覇という大偉業を大手に戻しました。ここで少し大阪杯を振り返ります。

レースはキタサンブラックが先行する形で始まりました。良いスタートを切りましたが、逃げ馬には追いつこうとせずに、前から3番手辺りで待機。この位置は絶妙ですね。芝2000mでコーナーがきついので前の馬が残りやすい。追い込みではあまり届かないレースだったので先行策は上々。まさに武豊騎手が想定したレース展開で後は直線で駆け抜けました。

しかし、予想はできたとはいえ、本当、キタサンブラック強いですね。これで菊花賞、天皇賞・春、ジャパンカップに続いてGI4勝目となりました。有馬記念の2着という嫌な雰囲気を見事にはね除けた勝利ですから、まだまだ今年もGI取ってくれるでしょうか。でも、凱旋門賞に行くとかいう話もありますね。キタサンブラックが日本競馬界の悲願を達成してくれるのか。注目したいですね。

 

重賞レース回顧   コメント:0