競馬予想会社の無料情報だけでプラス収支を達成

競馬必勝法【プラス収支】研究室

凱旋門賞(GI)、サトノダイヤモンド(9番)、サトノノブレス(10番)頑張れ!

読了までの目安時間:約 2分

 


10月1日、日本時間では23時5分から発走の世界三大レースの1つであるフランス凱旋門賞。今回もロンシャン競馬場ではなく、シャンティイ競馬場で行われるようです。今年も日本の馬が、サトノダイヤモンドとサトノノブレスの2頭が参加。しかし、残念ながら人気はほとんどないです。昨年はマカヒキが挑戦したわけですが、その結果は惨敗。今年は日本の新聞記者からもあまり期待されていないという。

でも、出走できたのですから、勝つ可能性だってゼロではない。ここはテレビの前でしっかり応援したいと思います。

さて、サトノダイヤモンドとサトノノブレスですが、前走のフォワ賞が4着と6着。1番人気のエネイブルはG1を2連勝中。まあ、凱旋門賞まで行けば他のGIなんて勝って当たり前の実績が求められているのですが、日本馬はコースや芝に慣れないフランスの地では厳しい戦いを迫られそうです。

後、これややこしいのですが、馬番と枠番が異なるんですよね。だから、サトノノブレスは5番ゲート、サトノダイヤモンドは13番ゲートになっています。どの枠が有利なんでしょうね。真ん中でしょうか。それとも内枠なのか。発走が待ち遠しいです。

 

競馬コラム   コメント:0

札幌の新馬戦で期待のサトノテラス!?人気も上昇中

読了までの目安時間:約 2分

 


新潟2歳Sで期待したムスコローソの惨敗は残念でしたが、もう1頭、期待している馬が土曜日に出走します。それが朝日杯を制したサトノアレスの半弟となるサトノテラス。オルフェーヴル産駒ということで前から注目しています。

今週の土曜、札幌芝1500メートルにサトノテラスは出走予定です。今の人気はほとんど親の血統だけのものですが、それでもあのオルフェーヴル産駒ということだけで、期待してしまいます。

いきなり、オルフェーヴルのような化け物クラスなのかは2歳ではわかりかねますが、新馬戦である程度の実力は見せてくれるのではないかと。

後、2歳馬から期待して走ってくれる馬が中々、見当たらないのですが、他にもウォッカの仔であるタニノフランケルは8月12日の新馬戦で2着。次走は9月の阪神に調整されているようです。また、デムーロ騎手が乗ってくれると嬉しいですね。芝1600mになるのか。芝1800m。はたまた2000mまで伸ばすのか。まあ、ウォッカの仔ならスタミナは十分でしょうから、2000mもいけそうですね。

 

タグ :  

競馬コラム   コメント:0

ウォッカの仔!今年、最大の期待馬「タニノフランケル」が8月12日にデビュー戦

読了までの目安時間:約 2分

 


宝塚記念も終わってGIはしばらく開催されずに夏を迎えるわけですが、今年は超期待の新馬がいます。その名もタニノフランケル。父はフランケル。母はウォッカという世界的な良血。しかも、GI勝利数は7冠のウォッカ、9冠のフランケルで合計16冠。

しかも、このフランケルはイギリスの元競走馬で14戦14勝という素晴らしい成績。主な成績をGIだけあげても、デューハーストS、2000ギニー、セントジェームズパレスS、サセックスS、クイーンエリザベス2世S、ロッキンジS、クイーンアンS、サセックスS、インターナショナルS、チャンピオンSとなっています。

ウォッカの仔というだけでも速そうですが、そこにフランケルという良質な血統。これは期待するしかないですね。因みにウォッカという名前は父のタニノギムレットの「ギムレット」というお酒の名前から来ているそうです。

さて、タニノフランケルのデビュー戦は8月12日の新潟・芝1800メートルです。誰が騎乗するかはまだ決まっていませんが、超期待馬ですから、有名な騎手が乗ってくれるかもしれないですね。武豊騎手やルメール騎手など。まだ1ヶ月近くありますが、とても楽しみです。

 

競馬コラム   コメント:0

1 2 3 12